読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【グローバルで通用する人材を目指している人向け】 リーダーシップが学べます。

書評-仕事術

 

今回のオススメ本は、『0秒リーダーシップ』です。

 

本書は、グローバルで通用する人材を目指している方へオススメです。

本書には、グローバルで通用する新しい働き方が提案されています。

本書の内容を実践すれば、世界中の「どこへ行っても」「どんな会社に就職・転職しても」通用する人材になるためのリーダーシップが学べます。

自分たちが何も変わらなければ、チャンスを逃すどころか、どんどん時代に取り残されてしまいます。

今こそ、まさに0秒で、個人がリーダーシップを発揮して動き出すべきときなのです。

f:id:WEST81:20161123214141j:plain

 

著者について 

0秒リーダーシップ:「これからの世界」で圧倒的な成果を上げる仕事術

0秒リーダーシップ:「これからの世界」で圧倒的な成果を上げる仕事術

 

 著者は、グローバルで活躍されている方です。

現在は2つの会社を経営されています。

1社目は、さまざまな企業の戦略、イノベーション、管理職育成、組織開発のコンサルティングを行われています。

2社目は、「新しい働き方」と「いい会社づくり」を支援する人事ソフトベンチャーで、多国籍なメンバーやパートナーとともにグローバルなサービスを展開されています。

 

リーダーシップ

本書には、リーダーシップがまとめられています。

 第 1章 だれでもリーダーシップ

 第 2章 イノベーティブシンキング

 第 3章 プロトタイプシンキング

 第 4章 デジタルリーダーシップ

 第 5章 ラーニングアジリティ

 第 6章 コミュニティリーダーシップ

 第 7章 コンプレクシティリーダーシップ

 第 8章 エモーショナルインテリジェンス

 第 9章 マインドフルリーダーシップ

 第10章 リーダーシッププレゼンス

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

複雑で厄介な問題とどう向き合うか

◆174ページ~183ページ◆

つまり、何が問題かもわからないような「複雑な問題」に対しては、試しにやってみて、問題のありかを把握し、対策を講じる、という手順で解決しかありません。解決策はすぐにはわからないから、いろいろ調べていくうちに、徐々に立ち上がってくる。これを創発と呼んでいます。この場合、さまざまな関係者の話を聞いたり、小さな実験を試みることで、状況を徐々に把握していくことが大切です。その際、みんなが自由に話し合う環境を整えることが、リーダーの第一の仕事です。時間はかかるかもしれませんが、こういうプロセスを経て、はじめて解決への道筋が見えてくるでしょう。

 

「複雑な問題」には「創発」で対処する

仮説を立て、試しにやってみながら、検証する。

それを繰り返えしていくことで解決策が見えてくるのでしょう。

そして、その環境を整えるのがリーダーの仕事なのです。

 

仕事の成果は感情で決まる

◆194ページ~201ページ◆

まず、自分の「身体」です。ゆっくり大きく呼吸をしながら、背筋を伸ばす。椅子にも真っ直ぐ座ることを心がけます。怒ったり、ストレスがたまったりしていると、筋肉がこわばるので、筋肉が緊張していないかどうか。緊張しているとしたら、どのあたりがこわばっているか。そこに意識を集中すると、やがて気分が落ち着いて、緊張がほぐれてきます。身体が整ったら、次は自分の「感情」を整えます。自分はいま何を感じているのか。その感情は適切なのか。そして、最後に「思考」です。身体と感情、思考はつながっています。どこかが乱れると、その影響が別のところに出てきます。だから、まず身体を整え、感情を整え、メンタルの状況を落ち着かせてから考える。そうすれば、冷静に、客観的に、筋道立てて考えることができます。

 

「身体」「感情」「思考」の順に整える

「身体」「感情」「思考」はつながっているのですネ。

良い「思考」は、良い「身体」や「感情」の上に成り立ちます。

これからは意識するようにします。

 

高いパフォーマンスを発揮するために

◆218ページ~224ページ◆

マインドフルネス・トレーニングの第一歩はメディテーション、瞑想です。慣れてくると、いつでもどこでもできるようになりますが、初心者のうちは、外界からの情報をシャットアウトして、瞑想にふける時間を意識的に持ったほうがうまくいきます。やり方に決まりはありませんが、たとえば、次のような手順を意識するといいでしょう。

 

瞑想を取り入れる

マインドフルネスについては先日学びました。 

west81.hatenablog.com

 毎日、夜23時から10分間、マインドフルネスに取り組んでいます。

 

おっさんの選択            

本書から学んだリーダーシップのポイントは以下の3点です。

 1) 「複雑な問題」には「創発」で対処すること。

 2) 「身体」「感情」「思考」の順に整えること。

 3) 瞑想を取り入れること。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。