読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【人生で成功したい人向け】人の心に届く伝え方を学べます!

 

今回のオススメ本は、『伝え方が9割』です。

本書は、人生で成功したい方へオススメです。

人の心に届く伝え方を学び、身に付けることでビジネスおよび人生で成功する方法が紹介されています。

具体的には、「ノー」を「イエス」に変える技術と「強いコトバ」をつくる技術がまとめられています。

f:id:WEST81:20160628224241j:plain

 

思いついたことをそのまま言葉にしていませんか?

実はおっさんやっていました。

相手の「ノー」を「イエス」に変えるためには、「自分の頭の中をそのままコトバにしないこと」と著者は言っています。

では、どうすればいいのか???

気になる方は、もう少し読み進めてみてください。

 

著者について 

伝え方が9割

伝え方が9割

 

 著者は、コピーライターの方です。

現在は、作詞家、大学非常勤講師としても活躍されています。

「携わるモノに感動をつくりだすこと」をライフワークにされています。

 

伝え方の技術

本書には、伝え方の技術がまとめられています。

 第1章 伝え方にも技術があった!

 第2章 「ノー」を「イエス」に変える技術

 第3章 「強いコトバ」をつくる技術

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

「お願い」は相手との共作だ

◆87ページ~89ページ◆

「イエス」に変える「7つの切り口」

(1)「相手の好きなこと」

(2)「嫌いなこと回避」

(3)「選択の自由」

(4)「認められたい欲」

(5)「あなた限定」

(6)「チームワーク化」

(7)「感謝」

 

 イエスに変える7つの切り口を試す

「選択の自由」「あなた限定」「チームワーク化」「感謝」は、知らず知らずに使っていました。

これからは「相手の好きなこと」「嫌いなこと回避」「認められたい欲」について意識するようにします。

 

この瞬間から、技術を使ってみる

◆91ページ~98ページ◆

この本は、読んだその瞬間から技術として使えることを目指しています。「ノー」を「イエス」に変える技術を確認する意味でも課題をいっしょに解いてみましょう。あらためて

ステップ1 自分の頭の中をそのままコトバにしない

ステップ2 相手の頭の中を想像する

ステップ3 相手のメリットと一致するお願いをつくる

このステップに従ってコトバをつくってみましょう。

  

「ノー」を「イエス」に変える技術を使ってみる

おっさんは、自分の頭の中をそのままコトバにしていました。

これからは、一呼吸置いて、相手の頭の中を想像し、相手のメリットと自分のメリットが一致するお願い事を考え、つくるようにします。

 

クライマックス法

◆171ページ~181ページ◆

「強いコトバ」をつくる技術

(1)サプライズ法

 超カンタンだけどプロも使っている技術

(2)ギャップ法

 オバマ氏、村上春樹氏も使う心を動かす技術

(3)赤裸裸法

 あなたのコトバを、プロが書いたように変える技術

(4)リピート法

 相手の記憶にすりこみ、感情をのせる技術

(5)クライマックス法

 寝ている人も目をさます。強烈なメッセージ技術

  

「強いコトバ」をつくる技術を使ってみる

「サプライズ法」「リピート法」「クライマックス法」は、知らず知らずに使っていました。

これからは「ギャップ法」「赤裸裸法」について意識するようにします。

 

おっさんの選択            

本書から学んだ伝え方の技術のポイントは以下の3点です。

 1) イエスに変える7つの切り口を試すこと。

 2) 「ノー」を「イエス」に変える技術を使ってみること。

 3) 「強いコトバ」をつくる技術を使ってみること。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。