四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【オススメ本/ブログ編】 人気ブログの作り方

 

今回オススメの本は、ブログ飯です。

 

ブログを書いているけど、なかなか目標としている結果が出ていないというブログ運営者にオススメです。

 

f:id:WEST81:20151121144647j:plain

 

どうすればたくさんの人が訪問してくれる人気ブログになれるのか?

あなたのブログ、運営当初に思い描いたイメージ通りに目標を達成できていますか?

 

おっさんは、全然達成できていません。そもそも分不相応な目標だったのだと思いますが、はてなブログを開始して6ヵ月が経過しようとしていますが、PVは思ったようには増えていないです。

 

どうすれば、もっとたくさんの人に訪問してもらえるブログになれるのか?悩んでいたところ本書に出会いました。結果を出すためのヒントをつかめられればと考え、手にしました。

 

本書のタイトル「ブログ飯」は、お笑いコンビ「笑い飯」からヒントを得たそうです。

              

笑い飯」とは、「笑いで飯を食う」に由来したそうで、著者はブログ(を使ったアフィリエイトアドセンス)で飯を食っているから「ブログ飯」なのだそうです。

 

その前に、本書の著者について確認しておきます。

 

著者について 

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

 

著者は、12年間の会社員生活を経験した後、非IT系出身ブロガーとして独立された方です。

 

ブログの運営、執筆、講演、企業やプロブロガー・アフィリエイター向けのコンサルティングを行われています。

 

日本アフィリエイト協議会理事、AllAboutアフィリエイトガイドとしても活動されている方です。

 

「飯が食えるブログ」を運営することを諦めない

著者は言います。

「飯が食えるブログ」を運営するんだ!という1点さえ諦めさえしなければ、必ず結果は出ます。続けることが大事なのです。

 

諦めればそこで終わりです。でも諦めなければいつかは結果が出るのです。では、そのために何を続ければいいのか?

 

そのヒントとして著者の9年間のインターネット上での実験の集大成が以下の章立で説明されています。

 

 第1章 私が「ブログ飯」になるまで

 第2章 ただのブログを「飯が食えるブログ」に変える

 第3章 継続して成果を出すブログの違い

 第4章 個人でお金を稼ぐということ

 第5章 SNSことはじめ

 第6章 突き抜ける技術

                                                                                           

本書には、レベル別(ビギナー、中級者、ベテラン)にワークが用意されています。

 

おっさんもしばらくはこのワークをしっかり自分の頭で考え、実践してみたいと思います。

 

以降、おっさんのオススメページを紹介していきます。

 

他人の気持ちになってみる

◆86ページ~87ページ◆

ブログを書く際に、読者だったらどのような情報が欲しいだろうか?と考えてみましょう。買い物に行ったら、店員さんはどのようなことを思ってこの商品を勧めてきているのか?と想像してみましょう。エレベーターに乗ったら、なんでこの人達は上部の階数表示を見ているのか考えてみる。部長はいつも怒っているけど、実は私のことが好きなんじゃないかと妄想してみる。 

  

読者だったらどのような情報が欲しいだろうかと考える

生活の様々な場面で、この人はなんで、こんな話をしているのか?なんでこんな行動をしているのか?を想像しながら、記事を書く際の想像力を高める訓練をしていきます。

 

想像力が高まれば、読者が望んでいる情報を提供できるようになのでしょう。

 

元手がないなら作れ

◆144ページ~145ページ◆

アフィリエイトプログラムというのは、いわば小売業者と同じです。自分が扱う商品については、あらゆる角度からリサーチしてその特性を知っておかねばなりません。これは、かなり重要なことにも関わらず、意外と誰もやってません。だからこそ、徹底的にリサーチする習慣を身に付けましょう。やることは3つ

  • 自分と自分の売りたい商品のリサーチ
  • マーケットのリサーチ
  • 売る想定の人物像のリサーチ 

  

徹底的にリサーチする

読者が望んでいる情報を提供できるようになるためにはリサーチが必要です。ブログの記事の場合、商品=情報、マーケット=キーワードと置きかえると「自分」「情報」「キーワード」「読者」についてリサーチしてから記事を書くようにします。

 

ただユニークだけでは飯は食えない

◆236ページ~237ページ◆

「自分の強みを徹底的に洗い出し、その情報を公開することで、読者に最大限の利益を与える」。言われてみれば当たり前のことですが、この当たり前の事すら、気付かぬまま漫然と行進している人が大多数なのです。あなたがちょっと行動に移すだけで、他のブロガーだけでなくプロのライターの人たちのレベルを超えることだって可能になります。誰もやっていないことを徹底的にやる。単純であり、基本的なことであるからこそ、しっかりと自分の足下を見つめ直すことが重要なのです。

 

自分の強みを徹底的に洗い出し、その情報を公開する

自分の強いを洗い出すステップは以下の3ステップになります。

【ステップ1】「ウリ」は何なのかを徹底的に掘り下げる

【ステップ2】書き出した自分の強みの精査

【ステップ3】独自性が誰のメリットになるかを考える

まずはここから試してみます。

 

おっさんの選択          

本書から学んだ英語の勉強に役立つポイントは以下の3点です。

 

1) 読者だったらどのような情報が欲しいだろうかと考えること。

2) 徹底的にリサーチすること。

3) 自分の強みを徹底的に洗い出し、その情報を公開すること。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。よろしくお願いいたします。

広告を非表示にする