読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【商売人を目指す人向け】商売・経営の基本を学べます。

 

今回のオススメ本は、『経営心得帖』です。

本書は、商売人を目指すあなたへオススメです。 

f:id:WEST81:20170501224212j:plain

経営の神様が考える「商売」「経営」の基本を学べます。

 本書は、不景気とか、困難な時における経営心得を中心に松下幸之助翁の考えがまとめられています。

シンプルな言葉と例え話で分かりやすく説明されています。

 

著者について 

経営心得帖 (PHP文庫)

経営心得帖 (PHP文庫)

 

著者は、経営の神様、松下幸之助翁です。

パナソニック(旧松下電器産業)グループ創業者、PHP研究所創設者です。

明治27(1894)年、和歌山県に生まれ、9歳で単身大阪に出てきて、火鉢店、自転車店に奉公の後、大阪電燈(株)に勤務します。

大正7(1918)年、 23歳で松下電気器具製作所(昭和10年に松下電器産業に改称)を創業し、昭和21(1946)年にはPHP研究所を創設します。

さらに昭和54(1979)年には、財団法人松下政経塾を設立します。

 

経営心得帖

本書には、経営心得帖がまとめられています。

 【第1章】経営の心得いろいろ

 【第2章】人事の心得いろいろ

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

命をかける真剣さ

◆58ページ~60ページ◆

経営というものは、単に利口であるとか、頭がよいとかいうことだけでうまくいくものではないと思います。やはりそこに命をかけるというほどの真剣さがあってはじめて、何をいつどうしなければならないかというカンも働き、それを行っていく力強い実行力も生まれてくるのではないでしょうか。

 

命をかける

この状態に身を置けば、集中力も高まり、鋭いカンも働くようになるのでしょう。

そして、自然と実行力も高まるのでしょう。

 

プロの自覚

◆100ページ~101ページ◆

力が及ばない、という人はたくさんあると思います。しかし、及ばないなりに一心に打込むならば、その姿はまことに立派なものがあると思うのです。そういう姿が、人を感銘させ、人を動かすことになります。そこに知恵と力が集まって、成果を生むことができるようになってきます。

 

一心に打込む

確かに、一生懸命にがんばっている人を見ると、応援したくなります。

応援してもらえないということは、一生懸命さが足りないのかもしれません。

 

やりぬく決意

◆106ページ~107ページ◆

商売や経営でも、結局はアポロと同じことだと思うのです。この商売をもっと立派なものにし、さらに立派な従業員を育て、そしてより多くの人びとに喜んでもらえるような仕事をしていきたいと思えば、それは必ず可能だと思います。

 

強い決意を持つ

「より多くの人びとに喜んでもらえる仕事をするゾ!」と強い決意を持って臨めば、商売や経営もうまくいくのでしょう。

 

おっさんの選択

本書から学んだ経営心得帖のポイントは以下の3点です。

 1) 命をかけること。

 2) 一心に打込むこと。

 3) 強い決意を持つこと。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。