読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【娘さんがいるお父さん向け】あなたといっしょに娘さんを応援してくれます。

 

今回のオススメ本は、『ビジネスマンの父より娘への25通の手紙』です。

 f:id:WEST81:20160101204822p:plain

本書は、娘さんがいるお父さんへオススメです。

おっさんには娘がいます。娘が20歳になったとき、本書をプレゼントしようと思って購入していました。

 

新しい年のスタートにあたって、父親としての在り方を確認するために改めて手にしました。

 

娘さんと会話できていますか?

最近、娘とは、あいさつ程度の会話しかできていません。

 

娘には、これからの人生を生きるための知恵を伝えたいと思っています。だから、娘が20歳になった時、本書をプレゼントしようと以前から考えていました。

 

お父さん!今回はいっしょに本書のすばらしさを確認してみましょう。

 

著者について 

ビジネスマンの父より娘への25通の手紙 (新潮文庫)

ビジネスマンの父より娘への25通の手紙 (新潮文庫)

 

 著者は、カナダ人の実業家です。

 

ビジネスマンとしての働き盛りに、二度にわたる心臓の大手術を受け、死に直面し、生きているうちに、自分のさまざまな経験から学んだ人生の知恵やビジネスのノウハウを伝えたいとまとめられたのが本書です。

 

愛情を込めた手紙

本書には、著者が娘に宛てた25通の手紙がまとめられています。

 

著者は以下のような思いを込めて本書を書いたと言います。

 

励ましがあれば、そして人生の断片をつなぎ合わせて理解する広い視野と洞察力を養うことができれば、若者にできないことは何もない。そのための励ましと支援になることを願いつつ、私は娘に宛てて

 

そして同時に、果敢にも夢を追い求め、失敗し、再び挑み、何回でも、成功するまで試みる、すべての若者に宛てて

 

おっさんも、一人の父親として、娘を励まし、支援し続ける存在になります。

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

失敗や失望から、しばしば予想外の道が開ける。

◆27ページ~31ページ◆

人生の「紆余曲折」に積極的に対処する心構えがあれば、ほかの望みのほとんどは手の届く範囲内にある。「私は勝つ、私は勝つ、私は勝つ」と、繰り返し自分に言い聞かせるように。そのうちに、君の心はほとんど自動的に、つぎにとるべき行動を指示するようになるだろう。君の心は基本的に、君の収集した事実を考え合わせて必要な解決策を打ち出すからである。

 

「私は勝つ、私は勝つ、私は勝つ」と、繰り返し自分に言い聞かせる

娘が困難の壁にぶつかった時、最初に、これは成長のチャンスだと教えてあげよう。

そして、「大丈夫、大丈夫、○○ちゃんならできるから」と言ってあげよう。

必要であれば、解決策を考える上でのヒントになる情報を教えてあげよう。

 

困難は、ときには重なるものである。そういうときには、あまり先のことは考えずに、大いなる忍耐心を持つことである。

◆139ページ~143ページ◆

困難な日々を乗り切るための鍵は、会社あるいは個人の長期的な目標から一歩退いて、短期的な問題としてとらえ直すことである。それが一日を―一週間、一月、あるいは一年ではなく、ただ二十四時間の一区切りを―乗り切れるように、気持ちを整理することである。朝目覚めたときに、君がほんとうに当てにできるのは、ともかくこの一区切りだけだろう、だれも過去に片足を残すことはできないし、未来に片足を踏み入れることもできない。過去や未来にとらわれて、今日を見過ごすことのないように。

 

一時にひとつ解決する

モヤモヤした時は、まずは、そのモヤモヤをノートに書き出す。

短期的な問題を全部書き出し、それらのひとつひとつを「いつやるか決める」。

その上で、一時にひとつのことに集中し、ひとつずつ解決していくことを教えてあげよう。

 

解決事項が積み上がっていけば、自信がつきます。さらに先の見通しもよくなり、長期的な目標に近づいていきます。

 

挑戦は人生の一部である。人はやがてこの挑戦に敢然と立ち向かうことを覚える。たいていは勝ち、たまに負けるだろうが、いずれにせよ、試みることによって人間が大きくなることを知るからである。

◆217ページ~222ページ◆

私の考えでは、このような管理職のなかでもとりわけ優れているのは、週に四日は、社員、経営幹部、顧客、銀行家、研究者、政府の役人などと精力的に交わって事業を経営し、あと一日は、静かに、安らかな心で反省し、同時に翌週あるいは翌月の入念な計画づくりをするという人たちである。この一日は「考える日」で、結局は、考えることが社長の仕事なのである。

 

週に一日は考える日にあてる

これはおっさん自身も取り組み必要があります。

毎週金曜日には、前週立てた計画を振り返りつつ、良かったこと、悪かったこと、を振り返ります。そして、翌週の計画を練り直します。

 

この経験を通して積み上げたノウハウを娘が社会人になったときに伝えようと思います。

 

おっさんの選択            

本書から学んだポイントは以下の3点です。

 1) 「私は勝つ、私は勝つ、私は勝つ」と、繰り返し自分に言い聞かせること。

 2) 一時にひとつ解決すること。

 3) 週に一日は考える日にあてること。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。よろしくお願いいたします。