四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【英会話超初心者向け(27週目)】ネイティブの発音が身に付くコツと練習方法

 

毎週月曜日のテーマは英語の勉強方法です。

 

f:id:WEST81:20151221232545j:plain

 

おっさんが英語の勉強を再開して27週間が経過しました。5年間(260週間)でどこまで英語が出来るようになるか、こっそり挑戦しています。

 

2020年のオリンピックで、たくさんの外国の人と会話してみたいと思って、コツコツと勉強しています。

 

どうすればネイティブの発音が身に付くのか?

あなたは英語の発音に自信がありますか?

 

おっさんはダメです。自信がありません。

 

どうすればネイティブの発音が身に付くのか?今回は、ネイティブの発音を身に付ける勉強法をいっしょに確認していきましょう。

 

ネイティブの発音が身に付く使う英会話勉強法

おっさんが、英語の勉強法について、いつも参考にさせていただいているブログ記事がこちらです。

mysuki.jp

 

今回参考にした英会話勉強法は、「STEP5 ネイティブの発音が身につく英会話勉強法」です。

 

コツは、「英会話は、前に!前に!を意識して腹式呼吸で声を出すこと」です。

 

お腹(丹田)に力を入れつつ、口を大きく開けたり、尖らせたりしながら発音するようにします。

 

練習方法は、「1から10の数字を英語で数える」です。

 

1から10までの数字の中には、日本人が不得意な4つの発音(R、T、H、V、F)が含まれており、これらの発音を意識しながら数えると上達できるようです。

 

おっさんの英語勉強方法

1)ヒアリング

おっさんは英会話のCDを聞いています。

平日は帰宅時の車の中、休日はランニング時に聞いています。

 

2) ライティング

「基本19語の英語術」から抜粋して書き取りしています。

ちなみに基本19語とは以下になります。

 

・「be」「do」「have」「keep」「come」「go」「let」「make」「take」「give」「put」「get」の動詞

 

・「in」「out」「on」「off」「over」「up」「down」の前置詞

 

先週書き取った英文は「on」「off」「over」を使用した英文です。

 

「on」は「上に」というよりも、ものに接触しているときに使います。

反対に「off」は、ものから離れているときに使います。

「over」は、onと同じ「上に」の意味だが、「上のほうにかぶさっている」状態で使います。

 

 ※英文をまとめた「おっさん英文メモ」はこちらになります。 

west81.hatenablog.com

 

3)英単語

mikanというスマホアプリで英単語を覚えています。

今週まで合計1,240語になりました。目標の2,000語に対して達成率は62%になりました。

 

※英単語をまとめた「おっさん英単語メモ」はこちらになります。 

west81.hatenablog.com

 

勉強時間

先週の勉強時間は5.25時間でした。

f:id:WEST81:20151221233147p:plain

 

 英語本ランキング

【アマゾンランキング(英語の発音):2015年12月21日23時時点】

www.amazon.co.jp

 

1位 

DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本

DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本

 

 

2位 

英語舌のつくり方 ――じつはネイティブはこう発音していた! (CD book)

英語舌のつくり方 ――じつはネイティブはこう発音していた! (CD book)

 

 

3位 

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

 

 

 

To the last I read, thank you. Please come to play also. Nice to meet you.

広告を非表示にする