読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【ビジネスに効く★オススメ本】お客様へ喜んでいただける営業を目指しているあなたへ!

 

f:id:WEST81:20150911225510j:plain

 

今回、おっさんが紹介するビジネスに役立つ本は『営業の問題解決スキル』です。

 

本書には「人間力の向上」および「営業スキルの向上」を図るためのアドバイスにあふれています。お客様へ価値を提供し、喜んでいただける営業を目指している方へオススメです。

 

おっさんは、「問題解決スキル」というキーワードに惹かれて、本書を手にしました。 

営業の問題解決スキル (BBTビジネス・セレクト)

営業の問題解決スキル (BBTビジネス・セレクト)

 

 

著者について

著者は、大前研一氏のビジネス・ブレークスルー大学院大学の教授をされている方です。教授が「価値提供の営業スキル」を身につける方法を解説してくれています。

 

オススメページ

本書のオススメページを紹介します。

 

◆39ページ~42ページ◆

 ”顧客の課題の全体像を理解する”

 

「普通の営業」が行っている情報収集は、次のような管理目的のための情報と考えてよい。

・顧客企業の会社案内に出てくる基本的な情報

・担当部門や担当者

・与信管理のためのデータ

・これまでの自社との関係、取引額の変化

これに対して「価値提供の営業」が収集する情報は、上記に加えて顧客の課題を理解するための情報となる。

・顧客の業績の変化

・顧客の先にいる消費者のニーズの変化

・購買だけではなく開発部門やマーケティング部門の関心事

・満たされていないニーズなど

  

ここでのポイントは過去を見るのではなく、未来を予測することにあります。そのためには、変化に着目し、トレンドを把握した上で、消費者のニーズや顧客の関心事についての仮説を立てます。

 

そして、この仮説を顧客へ投げかけ、本音を引き出すことができれば「価値提供の営業」に一歩近づけます。

  

◆121ページ~123ページ◆

 ”根底に流れるのは「人を大事にする」思想”

 

ベスト営業それぞれに持っている人間力は異なり、誰の代替もできない。しかし、その根底には、共通の思想が流れている。

・自分に厳しく、努力する

・人が好きで人の喜びのために何をすれば良いかを考える

・考えるだけでなく行動に移す

以上のことが「ベスト営業の人間力」を形成しているのだ。

 

おっさんは、年を重ねていくにつれ、「自分に甘く」なっていました。今一度「自分に厳しく、努力する」よう改めます。自分に課題を与え、それをクリアしていくところに成長があります。

 

◆132ページ~137ページ◆

 ”すぐに行動すれば、顧客の期待値を超える”

 

すぐに行動することにも強い意志と努力が必要になるが、顧客の信頼を得ることになるのだ。すぐに行動するとは次のことを指す。

・面倒だからとものごとを後回しにしない。その日、そのときに行動する

・大変だからと困難から逃げない。決めたことは必ずやる

・コミュニケーションのための行動を最優先する

  

おっさんは「大変だからと困難から逃げないこと」を心がけます。くり返しになりますが、困難は自分を成長させる機会です。困難に対して真正面から取り組んでいきます。

 

おっさんの選択

本書からおっさんが学んだビジネスに役立つ選択は以下の3点です。

1.顧客の課題を理解するための情報を収集すること。

2.自分に厳しく、努力すること。

3.大変だからと困難から逃げないこと。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。よろしくお願いいたします。