読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【ビジネスに効く★オススメ本】文章で結果を出したいあなたへ!

書評-文章術

 

今回、おっさんが紹介するビジネスに役立つ本は『6分間文章術』です。人の心を動かす文章を書くことで結果を出したい方へオススメです。

 

f:id:WEST81:20151002235154j:plain

 

あなたが書く文章、結果が出ていますか?

あなたは、「人の心を動かす文章を書いて結果を出したい!」と思ったことはありますか?

 

おっさんはあります。人の心を動かすためのキーワードは共感、この共感を生むための秘訣を知りたいと考え、本書を手にしました。 

6分間文章術――想いを伝える教科書

6分間文章術――想いを伝える教科書

 

 

著者について

著者は「エンパシーライティング」という文章メソッドを開発された方です。この文章メソッドは、仕事の効率化のために著者が10年間書き続けてきた独自のやり方です。このやり方を体系化して、共感を生み出す文章メソッドとしてまとめられています。

 

「エンパシーライティング」は『共感』を生み出す文章メソッド

すぐに「心を動かす文章」が書けるようになる「エンパシーライティング」について丁寧に事例を交えながら紹介しています。

 

本書で紹介されている手順にそって、エンパシーチャートを「埋める」、付せんを「貼る」、貼った付せんを「つなぐ」という流れで進めると心を動かす文章が出来上がります。

 

本書には6分間で作成できるとありますが、おっさんの場合は10分から15分くらいかかります。

 

本書で学び、文章の質をあげ、人生の質をあげることができるかもしれません。興味がある方は手に取ってみてください。

 

文章で驚きの結果を生み出す「共感3.0」の秘密

◆72ページ~76ページ◆

「共感2.0」のXY(X:あおり軸、Y:共感軸)の軸がつくり出す平面に対して、 垂直に“あなたらしさ”の軸を加えると、「共感3.0」の3次元が生まれます。 特にあなたがビジネスパーソンであれば、ここは極めて重要です。「共感3.0」の次元では、あなたの生み出す共感が、大きなパラダイムシフト ―“伝える”から“伝わる”“”“売る”から“売れる”“”集める“から”“集まる”― につながるからです。お客さんがあなたの商品を手にすることが、あなたのビジョン(世界観)を実現するための通過地点となるーつまり、お客さんがよりよい未来を手にすることが、あなたのビジョンにつながる大切な一歩となるのです。まさに、相手(読み手)のハッピーの重なる部分に共感が出現する瞬間です。

 

自分らしさの軸

おっさんのことをオープンにしていくことが大切。自分の経験を文章の中に織り込みながらまとめます。

 

「ストーリーの型4」「現在→過去→未来」で自己プロフィールに磨きをかける

◆138ページ~140ページ◆

相手を魅了する自己PR(プロフィール)を構成するには、6マスの縦2ボックスをひとつのフェーズと見たときに、「第1フェーズ:現在(あなたは誰?/何をしている人?)/第2フェーズ:過去(現在に至るまでの葛藤/きっかけ)/第3フェーズ:未来(未来のビジョン/目指している世界観)」の順でメッセージ(付せん)を貼っていきます。

 

自己プロフィールはまとめる

自分らしさを伝えるためには自己プロフィールが必要。自己プロフィールは現在→過去→未来の時間軸でまとめます。

 

「どう伝えるか」よりも「伝わってどうなったらいいか」

◆144ページ~147ページ◆

大切な誰かに深く想いを寄せたとき、相手という鏡を通して、あなたの中に流れる本当の自分を見出します。そして、大切なことは、文章力というスキルやテクニックではなく、“大切な人に、大切なメッセージを、大切に伝えること”だと気づかされます。

 

大切な人に、大切なメッセージを、大切に伝える

文章を書くときには、その文章を伝えたいと思う相手のことを思い浮かべながら、大切に綴っていきます。

 

おっさんの選択

本書からおっさんが学んだビジネスに役立つ選択は以下の3点です。

 

1.文章作成に自分らしさの軸を加え、相手をよりよい未来へと導くこと。

2.自己プロフィールは現在→過去→未来で書くこと。

3.文章は、大切な人に、大切なメッセージを、大切に伝えるように書くこと。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。よろしくお願いいたします。