読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【40歳を過ぎて英語をはじめたい人向け】 効果的な勉強法が学べます。

書評-英語

 

今回のオススメ本は、『40歳を過ぎて英語をはじめるなら、TOEICの勉強は捨てなさい。』です。

 

本書は、40歳を過ぎて英語をはじめたい方へオススメです。

「英語力ゼロ」でも習得できる効果的な勉強法が学べます。 

f:id:WEST81:20170105222632j:plain

著者は、DUO Selectという1冊のテキストを徹底的に丸暗記することに挑戦し、10ヵ月で377本の例文を完璧に暗唱したそうです。

本書には、著者が取り組んだ効果的な勉強法がまとめられています。

 暗記を「しんどくしない」コツは、テキストにある「見出しの例文だけ」をひたすら反復することだと言われています。

他にも色々と40歳を過ぎてからの英語勉強法のコツが紹介されています。

 

おっさんの場合 

昨年、今まで取り組んでいたテキストが終了し、次のテキストを探していた時に本書に出会いました。

「40歳を過ぎて英語をはじめるなら…」の件に惹かれ本書を手にしました。

2017年は、本書で紹介されている勉強法に取り組みます。

 

著者について 

 著者はフィリピン・セブ島に拠点を置く英会話学校の経営者です。

著者は1992年バイク便の会社を設立後、2000年にはバイクショップを設立します。

そして2005年フィリピン・セブ島への留学を経験した後、2009年にオンライン英会話事業を開始し、2010年には留学事業も開始しています。

 

40歳を過ぎてからの英語勉強法

本書には、40歳を過ぎてからの英語勉強法がまとめられています。

 【第1章】 高卒・40歳、しかも「英語力ゼロ」からのスタートだった

 【第2章】 40歳からの英語は、不要なものを捨てなさい!

 【第3章】 忙しい40代のための「ブロック式英語勉強法」

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

「単語だけ覚える」ということの罠

◆58ページ~60ページ◆

私は、単語だけを覚えても、英語の会話にならないと思い知りました。インプットした単語を、それぞれ使いこなせるようにならなくては、会話らしい会話はできない。では、どうすればいいか?そのときにひらめいたのは、「センテンスで覚える」でした。単語だけ覚えても、使いこなせない。ならば、文章で覚えていけばいいのでは?

 

センテンスで覚える

「センテンスで覚える」ために著者が選んだ参考書がDUO Selectです。

この参考書のことを著者は「英語学習の「恩人」的存在だ」と言います。

おっさんもDUO Selectのセンテンスを丸暗記します。

 

「ツール」にすぎない英語に、時間をかけすぎるのは無駄

◆91ページ~93ページ◆

一方、英語の勉強に注げる力はたったの20です。やれることには限りがあります。そこで、やることを絞ることにしました。自分が「手に入れたいもの」のために、本当に必要なことだけをして、不必要なものは切り捨てていったのです。具体的には、「読む・書く・聞く。話す」の4技能でいえば、「話す・聞く」をモノにすることだけに集中し、「読む・書く」は自分には不要と切り捨てました。また、細かい「文法」事項も、「とりあえず不要」として捨てました。こんな具合に、4技能すべてを網羅しなくても、ビジネスで十分に使える英語力を身につけることはできたのです。

 

「話す・聞く」をモノにする

まずはDUO Selectのセンテンスを丸暗記することで「話す・聞く」をモノにします。

「読む・書く」は、DUO Selectのセンテンスを丸暗記した後に考えます。

 

例文暗記も、工夫すれば楽しい

◆155ページ~157ページ◆

【私の例文暗記法】

(1)毎日、できる範囲で必ず音読する。その際、かかった時間を計測する

(2)フィリピン人の先生に「テスト」を出してもらう

(3)覚えられない例文は、「手で書いて覚える」

(4)電車などの移動時間や、ちょっとしたすき間時間では、つねに「テキストを読む」

(5)CDの音源をスマートフォンに入れて、「移動中などに聴く」。ときどき、「シャドーイング」もする

(6)歩いているときに、覚えている限りの「例文をブツブツそらんじる」

(7)鏡を見ながら、英語ネイティブになりきって、覚えた例文を唱える

  

例文暗記を工夫する

おっさんは1日1時間、(1)(5)(6)(7)に取り組みます。

 

おっさんの選択

本書から学んだ40歳を過ぎてからの英語勉強法のポイントは以下の3点です。

 1) センテンスで覚えること。

 2) 「話す・聞く」をモノにすること。

 3) 例文暗記を工夫すること。

 

まずは「話す・聞く」をモノにするために1年かけてDUO Selectのセンテンスの丸暗記に挑戦します。

具体的には以下のことに取り組みます。

 ・毎日、できる範囲で必ず音読する。その際、かかった時間を計測する

 ・CDの音源をスマートフォンに入れて、「移動中などに聴く」

 ・歩いているときに、覚えている限りの「例文をブツブツそらんじる」

 ・鏡を見ながら、英語ネイティブになりきって、覚えた例文を唱える

1年後の結果が楽しみです。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。