読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【目指せ!人気ブログ】ブログ初心者向け、読者を創造するために1番大事なこと

目指せ!人気ブログ

f:id:WEST81:20150704223539p:plain

 

このブログは2015年5月31日(日)にスタートしました。とにかくブログをスタートすることを優先し、ブログの特徴などは記事を書きながら考えていくことにしました。

 

そこで毎週土曜日には「行列ができるブログ」になるための仮説を考えています。たくさんブックマークされている記事の中から、自分が興味を持った記事などを参考に考えています。

 

ココで考えた仮説は、少しずつ自分のブログでも試してみて、仮説検証も行っていきます。

 

読者を創造するためには

今回の記事は人気ブログの記事を参考に仮説を立てたのではなく、最近自分が出会った記事を参考に考えました。

 

たくさんの人にブログを見ていただくためには、新しい読者を創造していく必要があります。どうすれば読者を創造できるのか、そんな時ことを考えていた時に以下の記事に出会いました。タイトルは「秒速でわかる顧客創造」です。タイトル通り数十秒で顧客創造の本質を理解できました。

leanstartupjapan.org

 

スタートアップの仕事はイケてる薬を作ることではありません。多くの人が「自分のことだ」と自覚できる病気を作り出すことです。

 

読者を創造するために大切な考え方

前述の文章の「スタートアップ」を「ブロガー」へ、「薬」を「記事」へ、「病気」を「課題」へ、それぞれ置き換えると以下の文章になります。

 

『ブロガーの仕事はイケてる記事を作ることではありません。多くの人が「自分のことだ」と自覚できる課題を作り出すことです。』

 

自分の中で読者を創造するための大切な考え方がスッキリまとまりました。これからは、この考え方を忘れずに記事を作成していきます。

 

では、どうやって読者が、自分のことだと自覚できる病気を作り出せばいいのでしょうか?このことを考える場合は、病院での経験を思い浮かべるとヒントがありそうです。

 

問診してみる

病院でお医者さんは何をしますか?まずは問診しますよね。「痛いのはどこか?」「どのように痛いのか?」「熱はあるか?」「食欲はあるか?」など、色々質問してきます。

 

自分が新しく発見した病気の症状に、読者が該当しないか確認するために、問診を行います。

 

読者が病気であると認識する前に、対処法や予防法を自分は説明していました。これでは読者にも受け入れてもらえないですね。記事の前半部分ではしっかり問診する必要があります。

 

やみくもに薬ばかり提供されても、その必要性に納得しないと飲まないですよね。

 

まずは病気を自覚してもらい、その上で対処法や予防法を語りましょう。

 

まとめ

行列のできる記事作成の仮説は、読者に病気であることを自覚してもらった上で対処法や予防法の情報を提供することです。

 

そのために以下の2点を心がけます。

1.病気の自覚のあと、対処法や予防法を提供すること。

2.まずは病気の自覚のために問診すること。

 

あなたも私も街の名医です。目の前にいる自覚症状のない読者の病気を早期発見して、早期治療してあげることができます。お医者さんをイメージしながら、記事をまとめてみましょう。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。よろしくお願いいたします。