読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【一流の仕事を目指す人向け】今後の行動指針のヒントを学べます。

 

今回のオススメ本は、『最強の働き方』です。

本書は、一流の仕事を目指すあなたへオススメです。

f:id:WEST81:20170526231557j:plain

 本書の目的は、自分が自己実現できる分野を選んで「一流の仕事をするためにはどうすればいいか?」という問いに対して、具体的な行動指針を得られるようにすることだそうです。

本書を読めば、あなたの実現のための行動指針が見つかるかもしれません。

 

著者について 

著者は、外資系資産運用会社の方です。

大学卒業後、外資系金融機関の投資銀行部門にて、日本企業の上場および資金調達に従事します。

その後、世界で最も長い歴史を誇る大手グローバル・コンサルティングファームにて企業の戦略立案を担当し、韓国・欧州・北欧・米国ほか、多くの国際的なコンサルティングプロジェクトに参画します。

2005年より世界最大級の外資系資産運用会社にてバイサイドアナリストとして株式調査業務を担当した後、香港に移住し、プライベート・エクイティ・ファンドへの投資業務に転身します。

 

一流の働き方

本書には、一流の働き方のポイントがまとめられています。

 【第1章】一流への道は一流の基本から

 【第2章】一流の自己管理

 【第3章】一流の心構え(マインドセット)

 【第4章】一流のリーダーシップ

 【第5章】一流の自己実現

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

「心のストレス引当金」を積む

◆138ページ~142ページ◆

私がおすすめしたいのはスタンフォード大学で教鞭をとるケリー・マタゴニカル氏の動画を見るか著書を読んで「ストレスは悪いものではないのだ」とストレスの解釈の仕方を変えることだが、さらに哲学的におすすめしたいのが仏さまの教えである。私はどの宗教にも哲学の体系として敬意を払っているが、仏教諸行無常の教えが最もしっくりくる。一神教で永遠の命を求めるほかの主要宗教に対し、仏さまは「すべてのものは滅び、無常である」とおっしゃるのだ。そして人生はそもそもつらいものであり、苦難の中に平安を見つける教えが仏教の本質といえるのではないか。

 

人生はそもそもつらいものと捉える

「人生=修行」なのです。

つらい人生を乗り越えるために努力を積み重ねた上に成長があります。

そのように捉えると、苦難に対して一歩を踏み出す力が湧いてきます。

 

一流と二流の間にあるもの

◆172ページ~175ページ◆

一流と二流のマインドセットの差はひとえに、「主体的に最高水準の仕事を目指せているか」の一言に尽きる。読者の皆様は、目線を高く、目標を大きくもって、顧客や会社からの期待を上回り、感動させるような仕事ができているだろうか。これはよく感じることだが、仕事が始まる前の目標の大きさ、目線の高さで勝負はすでについているのである。大成する人や会社は、最初からナンバーワンをめざし、目標が高いからこそ、主体的に改善するためのアイデアがわき出てくるし、結果的に成長も早い。

 

主体的に最高水準の仕事を目指す

ここでのポイントは「主体的」「最高水準」です。

「主体的に取り組むために自分は何ができるか?」

「最高水準の結果を出すために何ができるか?」とたくさん問いかけるようにします。

 

自分がいなくても回る組織をつくる

◆324ページ~327ページ◆

人は善意だけでは助けてくれないことを知っており、そのため長期的にWin-Win Situationになるような関係を構築する。最初は相手の善意で一方だけが得する関係が始まったとしても、長期的なメリットが認識されていないと多くのことは長続きしないからだ。言い換えれば人と協力関係を築ける人は、短期的に搾取しようとしない。逆に長期的に双方にとってメリットのある協力関係を提案し、誠実に実行することができるのだ。

 

長期的な協力関係を築く

長期的な協力関係を築くために、一番大切なことは、途中で諦めないことだと思います。

「この人」と思った方には、まずは一方的であっても、相手に喜んでいただけそうな情報を提供するようにします。

このことを習慣化して、長く続けるよう努めます。

 

おっさんの選択

本書から学んだ一流の働き方のポイントは以下の3点です。

 1) 人生はそもそもつらいものと捉えること。

 2) 主体的に最高水準の仕事を目指すこと。

 3) 長期的な協力関係を築くこと。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。

【中小企業の経営者向け】中小企業経営のノウハウが学べます。

 

今回のオススメ本は、『「決定」で儲かる会社をつくりなさい』です。

本書は、中小企業の経営者のあなたへオススメです。 

f:id:WEST81:20170523233015j:plain

本書には、著者の30年にわたる中小企業経営の現場から得た実践的なノウハウがまとめられています。

「経営計画のつくり方」「銀行との付き合い方」「人材育成」「組織のあり方」など、中小企業経営のバイブルと言えでしょう。

 

著者について 

「決定」で儲かる会社をつくりなさい

「決定」で儲かる会社をつくりなさい

 

著者は、中小企業の経営者の方です。

全国の社長仲間でつくる経営計画研究会を主催されており、全国各地で年間120回の講演・セミナーを行われています。

 

儲かる会社のノウハウ

本書には、儲かる会社のノウハウがまとめられています。

 【第1章】会社の将来は現在の「決定」で決まる

 【第2章】経営のありようを「決定」して利益を出す

 【第3章】人材への対応を「決定」してモチベーションにつなげる

 【第4章】組織のあり方を「決定」し、強い会社をつくる

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

経営計画書は生き残るための道具

◆18ページ~19ページ◆

会社の将来がどうなるかは、すべて「決定」で決まります。赤字になるのは「赤字でも構わない」と社長が決定したからです。どんな些細なことであっても、「決定」なくしては組織は決して変わりません。そして会社の中で決定ができるのは、唯一社長のみです。このことを忘れてはいけません。

 

すべて「決定」で決まる

「決定=決断」と理解しました。

経営(人生)は、まずこうなる(こうする)と決定することから始まります。

すべては「決定」で決まると心得ます。

 

銀行との折衝は心理戦に他ならない

◆102ページ~103ページ◆

私は、社員数360名の中小企業を経営するのが精一杯の社長です。決して優秀ではありません。そんな私がどうしてこうした対銀行ノウハウを持ち得たかといえば、理由はただ一つ。わが社にはなにもなかったからです。担保になる資産もなし、余裕資金もなし。そんな会社が銀行から融資を受けるには、知恵を使って信用を築くしかなかった。私は常に「なぜだろう」と考え、あらゆることを慎重に観察する習慣を身につけていた。これが私にとっては大きな財産になっています。

 

あらゆることを慎重に観察する

結果に着目し、その結果をもたらしているプロセスの違いは、何だろう?とあらゆることを慎重に観察する習慣を身につけます。

 

人間はどのようなときに本音を吐くかを考えて質問していく

◆159ページ~161ページ◆

わが社の採用シートは、絶対に嘘がつけないようになっている、あるいは嘘をついてもそれとわかるようになっています。同じ質問を、表現を変えて3回しているからです。試されるほうは、まさかそうなっているとは思いません。1つだけその実例を挙げておきましょう。「あなたは自分をどういう人間だと自己分析していますか」という質問、そして「あなたの親友はどういう人ですか」という質問です。人は、自分にないものを持っている人に惹かれ、友達になるものです。だから「私は努力家です」と自己分析する人が、親友を「がんばり屋さんです」と評価していたら、その人は嘘をついているとわかる。

  

同じ質問を、表現を変えて行う

これは勉強になりました。

相手に質問する際の参考にします。

 

おっさんの選択

本書から学んだ儲かる会社のノウハウは以下の3点です。

 1) すべて「決定」で決まること。 

 2) あらゆることを慎重に観察すること。

 3) 同じ質問を、表現を変えて行うこと。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。

【売上をアップさせたい人向け】売上アップのしかけが学べます。

 

今回のオススメ本は、『売上アップのすごいしかけ』です。

本書は、売上をアップさせたいあなたへオススメです。 

f:id:WEST81:20170522234418j:plain

本書には300社で実績のある売上がアップする17の「シンプルしかけ」が紹介されています。

「かんたん実行」「ばつぐん効果」「らくらく継続」の売上アップのすごいしかけが学べます。

 

著者について 

売上アップの すごいしかけ

売上アップの すごいしかけ

 

著者は、コンサルタントの方です。

大学卒業後、監査法人に入社され、製造・建設・サービス・流通・IT業の、大手・中堅・中小企業など約300社に対するコンサルティングの実績があります。

「攻め(売り上げの増加)」と「守り(コストダウン)」と「社員の活性化」の3つが著者のコンサルティング分野です。

「必ず結果を出して、お客さまに興奮と感動を与える」をモットーに取り組まれています。

 

売上アップのしかけ

本書には、売上アップのしかけがまとめられています。

 【第1章】お客様の要求からスタートしよう

 【第2章】「売れない原因」を突き止めよう

 【第3章】まずはこれから3点セット

 【第4章】いまスグ営業力が10倍アッ

 【第5章】紹介・リピートを増やして、売上アップ

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

コキャスタチェックシート

◆32ページ~48ページ◆

Q1社内の会議中にお客様からの電話にでていますか?

Q2お昼休みにお客様からの電話にでていますか?

Q3電話が話し中にならないようにしていますか?

Q4お客様に印象のよい電話応対ができていますか?

Q5社長・営業担当者の行動予定を内勤者に伝えていますか?

Q6FAX1台はいつもお客様のためにあいていますか?

Q7商品・サービスの注文時に「お礼のハガキ」をだしていますか?

Q8代金の入金時に「お礼のハガキ」をだしていますか?

Q9お客様にご迷惑をおかけしたときに「お詫びのハガキ」をだしていますか?

Q10名刺の電話番号・FAX番号の文字は大きいですか?

  

コキャスタチェックシートで確認する

コキャスタとは、顧客からスタートするという意味だそうです。

まずは、定期的に自分の行動をチェックしてみます。

そういえば最近、ハガキ出せていません。

 

自分がお客様だったら買いますか?シート

◆49ページ~54ページ◆

Q1自分がお客様だったら自社の商品・サービスを買いますか?

【買うと答えたかた】

Q2なぜ買いますか?

Q3買う理由をちゃんと営業・販促アピールしていますか?

【買わないと答えたかた】

Q4なぜ買わないんですか?

Q5買わない理由のうち、すぐに解決できるものはどれですか?

  

自分がお客様だったら買いますか?シートで確認する

自社の商品がお客様からどう見えているか?がポイントなのでしょう。

まずはセルフチェックの実践。

そして、分からないことはお客様に聞くようにします。

 

大ファンアンケート

◆240ページ~244ページ◆

Q1いつごろ・どのようなことをしてほしいですか?

Q2当社の商品・サービスを知人や他の会社に紹介したいと思いますか?

【思うと答えたかた】

Q3紹介したいと思う理由は何ですか?

【思わないと答えたかた】

Q4紹介したいと思わない理由は何ですか?

Q5これからも当社とお付き合いをしたいと思いますか?

【思うと答えたかた】

Q6お付き合いをしたい理由は何ですか?

【思わないと答えたかた】

Q7お付き合いをしたいと思わない理由は何ですか?

 

大ファンアンケートでお客様の声を集める

お客様との関係を、よりよくしつつ、積み上げていくという気持ちが大事ですね。

 

おっさんの選択

本書から学んだ売上アップのしかけのポイントは以下の3点です。

 1) コキャスタチェックシートで確認すること。

 2) 自分がお客様だったら買いますか?シートで確認すること。

 3) 大ファンアンケートでお客様の声を集めること。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。

【おっさん英語:101週目】ロッククライミングから学んだ9つのこと

 

今回のテーマは英語の勉強法です。

おっさんが英語の勉強を再開して101週間が経過しました。

5年間(260週間)でどこまで英語が出来るようになるか、こっそり挑戦しています。

2020年のオリンピックで、たくさんの外国の人と会話してみたいと思って、コツコツと勉強しています。

f:id:WEST81:20170521230904j:plain

 

ロッククライミングから学んだ9つのこと

今回の「TED Talks in 日本語」を使った勉強はこちらです。

digitalcast.jp

プレゼンターは、ベテランロッククライマーです。

35年間の経験からロッククライミングがうまくなる9つのポイントについて話しています。

これらのポイントは海抜ゼロメートルでも役に立ちます。

 ポイント1:放さないこと

 ポイント2:躊躇しないこと

 ポイント3:計画を立てておくこと

 ポイント4:ムーブを一つ一つ達成していく

 ポイント5:休み方を知ること

 ポイント6:ムーブをどのように達成するか考えること

 ポイント7:もっとも自然に思える方法で登りはじめること

 ポイント8:力があればよいというわけではないこと

 ポイント9:つかまっていることだけにこだわり続けないこと

ロッククライミングだけでなく、人生にも通じるポイントですネ。

 

さらに詳しい内容を知りたい方は、TEDTalkを聴いてみてください。

 

勉強法

2017年1月から、こちらの記事にある勉強法に挑戦しています。 

 

具体的には「DUOセレクト」を使って勉強しています。 

DUOセレクト―厳選英単語・熟語1600

DUOセレクト―厳選英単語・熟語1600

 

  

英単語

英単語は、こちらで勉強しています。

www.globish.denken-dvd.com

101週目は、801~1,000語までを勉強しました。

 

ヒアリング

DUO Select」のCDを帰宅時の車の中で聞いています。 

DUOセレクト CD

DUOセレクト CD

 

 

アラフィフだけど、まだ英語を諦めたくないあなたへはこちらがオススメです。 

west81.hatenablog.com

 

勉強時間

101週目の勉強時間は2.92時間でした。

f:id:WEST81:20170521231153p:plain

  

To the last I read, thank you. Please come to play also. Nice to meet you.

【チームを躍進させたい人向け】アメーバ経営が学べます。

 

今回のオススメ本は、アメーバ経営です。

本書は、チームを躍進させたいあなたへオススメです。 

f:id:WEST81:20170516231503p:plain

本書には、京セラ、ならびにKDDI躍進の原動力となった「アメーバ経営」について説明されています。

 

著者について  

アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役

アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役

 

著者は、京セラの創立者の方です。

1959年、京都セラミツク株式会社(現京セラ)を設立。

社長、会長を経て、1997年より名誉会長を務めます。

1984年には第2電電(現KDDI)を設立、会長に就任し、2001年より最高顧問を務めます。1984年に稲盛財団を設立、「京都賞」を創設し、毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった人々を顕彰しています。

若手経営者のための経営塾「盛和塾」の塾長として、後進の育成にも心血を注がれています。

 

アメーバ経営

本書には、アメーバ経営がまとめられています。

  【第1章】ひとりひとりの社員が主役

  【第2章】経営には哲学が欠かせない

  【第3章】アメーバの組織づくり

  【第4章】現場が主役の採算管理

  【第5章】燃える集団をつくる

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

リーダーは公平な審判となるべきである

◆78ページ~80ページ◆

ここでいうフィロソフィとは、私が常日頃から説いている「人間として何が正しいのか」ということを判断基準とした経営哲学である。この普遍的な経営哲学を会社経営のバックボーンに据えることで、アメーバはエゴとエゴのぶつけ合いを排し、個の利益と全体の利益を調和させようと努力するようになる。アメーバ経営とは、フィロソフィをベースに部門間の利害対立を正しく解決することによって、個と全体の利益を同時に追求しようとするものである。つまり、アメーバ経営は、フィロソフィをベースとしてはじめて、利害の対立を克服し、正常に機能することが可能となる。

 

「人間として何が正しいのか」で判断する

迷った時は「人間として何が正しいのか」と問いかけ、判断します。

経営哲学は、部門間の利害対立を未然に防ぐことも可能なのですネ。

 

受注生産方式

◆174ページ~178ページ◆

一般の企業であれば、製造部門は目標とするコストの範囲内で製品をつくり、「利益は営業部門が生み出す」と考えるが、京セラでは、営業部門が製造部門から一定の口銭を受け取り、そのなかで営業活動に要する経費を賄うと同時に、若干の利益をあげる仕組みにしている。これにより、「利益の源泉は製造部門にある」という意識を徹底している。つまり、市場動向に応じて、製造部門が総生産を伸ばし、経費を伸ばし、経費を最小限に抑えることで、より大きな利益を生み出すことができるのである。

 

「利益の源泉は製造部門にある」と意識する

今までは自分も「利益は営業部門が生み出す」と考えていました。

これからは「利益の源泉は製造部門にある」と考えるようにします。

 

値決めは経営

◆224ページ~226ページ◆

安易な値下げで、製造だけが苦労を強いられるのは、おかしいではないか。値段を安くすれば、注文はいくらでも取れるが、それは、営業として決して誉められたことではない。  営業の使命とは、「この値段なら結構です」とお客さんが喜んで買ってくれる最高の値段を見抜くことである。これより安ければ、いくらでも注文が取れる。これより高ければ注文が逃げてしまう。そのぎりぎりの一点を射止めなければならない。

 

営業は最高の値段を見抜く

価格に関して、これからは「ぎりぎりの一点を射止める」という気持ちで臨みます。

商談において、価格に関する質問をもっと増やします。

 

おっさんの選択

本書から学んだアメーバ経営のポイントは以下の3点です。

 1) 「人間として何が正しいのか」で判断すること。

 2) 「利益の源泉は製造部門にある」と意識すること。

 3) 営業は最高の値段を見抜くこと。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。

【素敵な出逢いを求めている人向け】必要な人、もの、情報に、必要なときに出逢う方法が学べます。

 

今回のオススメ本は、『出逢う力』です。

本書は、素敵な出逢いを求めているあなたへオススメです。 

f:id:WEST81:20170515224224j:plain

「あなたの中にも、本当に必要なものに出逢う力がある」と著者はいいます。

自分の感じたことを信じて追っていけば、そこにその人にとっての「生きる目的」のようなものが現れ、そこに続けて起こるシンクロが、次にやるべきことを教えてくれるようになるのです。

本書には、必要な人、必要なもの、必要な情報などに、必要なときに出逢う力についてまとめられています。

 

あなたはどちらの世界の住人?

A:自分がワクワクすることをして、起こることはすべて必然で、いつもベストなことが起きていると捉え、人生に幸せを感じて暮らしている人たちの世界。

 

B:自分の環境や世の中に不満があり、起きることはすべて偶然でつながりがなく、人生は苦難の連続だと思い、生きることに苦しさを感じている人たちの世界。

 

あなたはどちらの住人ですか?

おっさんは今日からAの住人になることを選択します。

 

著者について 

出逢う力

出逢う力

 

著者は、作家の方です。

大学卒業後、ロンドンに留学し、インテリアデザインを学びます。

帰国後は、執筆活動に入り、絵本、旅エッセイなど著書は50冊以上にわたり、世界各国で翻訳されています。

また、インテリアデザインや文具などのプロデュース、ファッションアイテムやジュエリーのデザインなど、独自のライフスタイルも注目され、ファンクラブをはじめ、全国での講演活動も行っています。

 

出逢う力

本書には、出逢う力がまとめられています。

 【第1章】幸せの国へ進む人、苦難の国へ進む人

 【第2章】人との新しい関わり方

 【第3章】すべてに偶然はない

 【第4章】自分に必要な情報を得る方法

 【第5章】出逢いの旅、ドバイへ―セレブリティも実践している神秘のルール

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

精神レベルとこの世の法則

◆26ページ~30ページ◆

つまり、なにかが起きたときに、焦らず、怒らず、イライラせず、淡々とその物事の意味を考えて、「このおかげでこういうことがわかった」という状態で解消すると、その人の精神レベルが上がります。その気付きは、その事件とは直接には関係ないような人間関係や、日頃の自分の思いや、プライベートや家族の問題であったりするかもしれませんが、「これは自分になにを知らせているのだろう?」という目で眺めると、必ずそれが見つかるはずです。こうして、その出来事を解消すると、その人の精神レベルは確実に上がります。逆に言えば、「あなたの精神レベルを上げるためにその出来事が起きている」とも言えるのです。

 

「これは自分になにを知らせているのだろう?」という目で眺める

今までは、「良かった」「悪かった」で物事を捉えていました。

これからは、この出来事は「自分になにを知らせているのか?」という視点で捉えるようにします。

 

起きたことをプラスに捉える癖がつくと、怒る事柄自体が変わっていく

◆128ページ~129ページ◆

これまでに書いてきた、「それが起きた瞬間にプラス思考をする」を実践していると、まず、その物事自体がプラスの展開をしやすくなります。さらに、それを繰り返しているうちにプラスのパワーがたまっていくので、プラスでもマイナスでもない「日常の普通のモノゴト」までプラスに傾く確率が上がります。簡単に言えば、運のいいことが起こりやすくなるのです。

 

出来事が起きた瞬間にプラス思考する

全ての出来事は、自身の精神レベルを上げるために起こっているのです。

だから、身の回りで起きる出来事には感謝するようにします。

どんな出来事にも、まずは「ありがとうございます。」と言って、受け入れます。

 

寝ている間に意識的に情報を受け取る方法

◆157ページ~160ページ◆

宇宙から具体的な答えが返って来やすくなる質問は……、と考えると、「〇〇になるために、今の自分に必要なことを教えてください」という言い方になるのです。質問をしたら、そのままの体勢でボーっと緩み、「目が覚めたらその答えが来る!」ということを期待します。期待するとあなたの場が盛り上がり、それが起こるのと同じ波動になるからです。その後は、今日あった楽しかったこと、面白かったこと、こうなったらうれしいと思う想像などをしながら眠ります。穏やかな気持ちになることや、癒されること、気持ち良さを感じることを思うのも効果的です。さらに、今日一日の感謝や、まわりにいる人たちへ愛を送るような感覚もイメージできれば最高ですが、いきなりそこまでしなくても問題ありません。

 

「〇〇になるために、今の自分に必要なことを教えてください」と質問する

これは、毎日寝る前に実践します。

 

おっさんの選択

本書から学んだ出逢う力のポイントは以下の3点です。

 1) 「これは自分になにを知らせているのだろう?」という目で眺めること。

 2) 物事が起きた瞬間にプラス思考すること。

 3) 「〇〇になるために、今の自分に必要なことを教えてください」と質問すること。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。

【望みを叶えたい人向け】「無意識」のチカラを最大化する方法が学べます。

 

今回のオススメ本は、『引き出しの法則』です。

本書は、望みを叶えたいあなたへオススメです。 

f:id:WEST81:20170514133811j:plain

人の行動の9割を支配しているのが【無意識】のチカラです。

【無意識】のチカラは、私たちの望みを叶えてくれています。

そして、あなたの【無意識】のチカラをうまく使うためには、内側にある【意識】の使い方が大切なのだそうです。

【無意識】の声を【意識】が無視しないようにする必要があります。

私たちがやることは、【無意識】のチカラを引き出すことではなく、【意識】でやっている頑張りをやめることです。

そのために、【意識】のチカラでできることは「口に出す言葉」「体を使った動き」「新しい可能性を見つけ出す思考」の3つです。

本書には、これらのメソッドがまとめられています。

 

著者について 

引き出しの法則

引き出しの法則

 

著者は、20代の頃、ニートになり、そんな自分から卒業するため、無意識(潜在意識)や引き寄せの法則、精神世界などあらゆる思考法に出会い、「心」と「体」両方からアプローチすることで人生を好転させる独自のメソッドを開発しました。

2012年ブログ『世界はキミのためにある!』をスタートさせつつ、そのかたわらで全国トークショーにて、たくさんの人に癒しや笑い、そして気づきを届けています。

 

引き出しの法則

本書には、引き出しの法則がまとめられています。

 【第1章】引き出しの法則

 【第2章】口に出す

 【第3章】動き出す

 【第4章】見つけ出す

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

すでにそうだったんだ!

◆96ページ~107ページ◆

口に出すメソッド(1):思い出すメソッド

  • やり方

(1)解決したい悩みや、こうなったらいいなと思う望みに対して語尾に「思い出す」をつける。

(2)「思い出す」ということは【無意識】の領域にはその状態が「ある(存在している)」ということだ。前提として「ある」のだから、その言葉を言った時に「ふと」閃いた方法を試したり、できることはすぐに行動に移す。

(3)7日間、続けてみる。

 

思い出すメソッドを試す

「解決したい悩み」や「望み」はたくさんあります。

これらに対して、今までは、「どうすればいいのだろう?」と問いかけていました。

これからは「~する方法を思い出す」と問いかけます。

 

感情を味方につければ体は勝手に動き出す

◆128ページ~147ページ◆

動き出すメソッド(1):ルンルンメソッド

  • やり方

(1)あなたが今、どんな些細なことでもいいから、一番「嬉しい!」と感じるようなことをイメージする。

(2)そのイメージが実際に起こった前提で、その時に出るポーズを実際にとってみる。

(3)そのポーズをとったまま、今悩んでいることや不安に思っていることに対して「これで良かった」と声に出して言ってみる。

  

ルンルンメソッドを試す

今、一番「嬉しい」と思うことは、たくさんの方に、このブログの記事を読んでいただくことです。PVがたくさんあれば、「ヨッシャ!」とガッツポーズをとります。

このポーズでルンルンメソッドを試してみます。

 

良いモノを吸って、悪いモノを吐く

◆228ページ~235ページ◆

見つけ出すメソッド(3):カラーブリージングメソッド

  • やり方

(1)椅子に座ってもベットやソファに横たわってもいいので、目を閉じて楽にできる姿勢をとる。できれば毎日同じ場所でやる(同じ場所でやることで、【無意識】が「この場所でやればリラックスする」という認識ができるため)。

(2)まずは大きく息を吐き切る。そして、息を鼻から7秒間かけてゆっくり吸う。その時に明るい色(ピンクでもゴールド)の空気が体内に取り込まれているイメージを持ちながら吸う。

(3)吸った酸素が脳から足のつま先まで行き渡るイメージを持つ。

(4)息を吐き出す時は口から。胸の中にある疲れや不安や心配事などを黒い色のモヤとしたイメージする。そのモヤを口を大きく開けずに細く長くゆっくりと7秒間かけて吐き出す。

(5)(2)~(4)をワンセットとして、5回繰り返す。

  

カラーブリージングメソッドを試す

集中したい時に、このカラーブリージングメソッドを試してみます。

これを毎日繰り返せばリラックス状態を作れる上に、集中力も高まります。

 

おっさんの選択

本書から学んだ引き出しの法則のポイントは以下の3点です。

 1) 思い出すメソッドを試すこと。

 2) ルンルンメソッドを試すこと。

 3) カラーブリージングメソッドを試すこと。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。