四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【おっさん英語:131週目】なぜグーグル・グラスなのか?

 

今回のテーマは英語の勉強法です。

おっさんが英語の勉強を再開して131週間が経過しました。

5年間(260週間)でどこまで英語が出来るようになるか、こっそり挑戦しています。

2020年のオリンピックで、たくさんの外国の人と会話してみたいと思って、コツコツと勉強しています。 

f:id:WEST81:20171217192407p:plain

 

なぜグーグル・グラスなのか?

今回の「TED Talks in 日本語」を使った勉強はこちらです。

digitalcast.jp

プレゼンターはGoogleの共同創業者です。

なぜ、プレゼンターはヘッドマウント式のカメラ兼コンピュータを作りたかったのでしょうか?

このトークでは、その哲学について語られています。

スクリーンを覗き込むのではなく、顔を上げて世界と向き合うという、モバイル・コンピュータを使った新たな関係性のあり方を提唱しています。

外を出歩いているとき、携帯電話を覗き込んでいるのは、自分を社会から孤立させかねないだけでなく、それがふさわしい体の使い方なのだろうかと気になっていました。

そして、ただ突っ立って、ガラスの画面をこすり、動き回っているだけなのです。

15年前 グーグルを始めたときに思い描いていたのは、検索文字の入力をいずれ不要にしてしまおうということでした。

15年経った今、そのビジョンを実現した最初の形状の製品が完成し、外で人と話したりしながら使えるようになりました。

グーグル・グラスの開発では、どうすれば手を自由にできるかということを考え抜いたそうです。

 

さらに詳しい内容を知りたい方は、TEDTalkを聴いてみてください。

 

勉強法

2017年1月から、こちらの記事にある勉強法に挑戦しています。 

 

具体的には「DUOセレクト」を使って勉強しています。 

DUOセレクト―厳選英単語・熟語1600

DUOセレクト―厳選英単語・熟語1600

 

  

英単語

英単語は、こちらで勉強しています。

www.globish.denken-dvd.com

131週目は、401~600語までを勉強しました。

 

ヒアリング

DUO Select」のCDを帰宅時の車の中で聞いています。 

DUOセレクト CD

DUOセレクト CD

 

  

勉強時間

131週目の勉強時間は3.33時間でした。

f:id:WEST81:20171217192630p:plain

  

To the last I read, thank you. Please come to play also. Nice to meet you.

【あなたという商品を高く売る方法】バリュープロポジションが学べます。

 

今回の読書メモは『あなたという商品を高く売る方法』です。

f:id:WEST81:20171216213131j:plain

本書を手にした理由は自分自身の価値を高める方法を学びたいと考えたからです。

バリュープロポジションとは「相手が求めていて」「自分しか提供できない価値」のことです。

本書にはバリュープロポジションの「見つけ方」「作り方」がまとめられています。

 

著者 

著者はコンサルタントです。

大学卒業後、コンピュータ関連サービス企業に入社され、製品開発、セールス、戦略マーケティングなどを経験さます。

2000年にバリュープロモーションという概念に出会い、その後2006年よりバリュープロモーションの伝道師としても活躍されている方です。

2013年に独立されて現在は、経営変革において、現場リーダーが自ら動いていく組織作りのコンサルティングをされています。

 

目次

【第1章】「競争しない」ための戦略

【第2章】AIに仕事を奪われない方法

【第3章】「戦わずして勝つ」のが真の戦略

【第4章】「あなたの強み」を育てる

【第5章】リスクを下げて何度も挑戦する

【第6章】没頭すれば一流になれる

【第7章】あなたの物語が奇跡を生み出す

【第8章】失敗があなたの武器になる

【第9章】コンフォートゾーンから脱出せよ

【第10章】「自分のため」から「社会のため」

 

ここからは、本書でフセンをつけた箇所をまとめておきます。

 

相手にとって唯一の存在になる

◆56ページ~57ページ◆

このように「相手が求めていて、自分しか提供できない価値」のことを、「バリュープロポジション」という。(省略)

あなたの商品価値を高めるためには、「あなた」のバリュープロポジションをつくることが必要だ。ポイントがある。いくら自分で「これはいい」と思っても、それだけではダメ。相手がほしいものでなければ話にならない。しかし相手がほしいものでも、他に選択肢があればダメ。他に選択肢がない唯一の存在になって、初めて戦わずして勝てるのだ。

  

バリュープロポジションを理解する

バリュープロポジションとは「相手が求めていて」「自分しか提供できない価値」です。

まずは、「相手が求めているコト」かつ「自分が提供できるコト」をみつけ、それに磨きをかけることで、真のバリュープロポジションが出来上がります。

 

バリュープロポジションのつくり方

◆58ページ~60ページ◆

このように、まず「自分の強み」を徹底的に考える。なければ強みをつくることだ。次に、自分の強みを必要としている人、つまり「ターゲット」が誰かを考える。そしてターゲットが、なぜあなたの強みを必要としているのか、つまり「ニーズ」がどこにあるのかを考える。最後に、相手が必要とすることに、いかに応えるか、つまり具体的な「自分の仕事」をどうするかを考える。この4つがお互いに密接につながり、全体として首尾一貫していることが大切だ。

 

バリュープロポジションを考える

以下の4ステップで自分のバリュープロポジションを考えます。

(1)「自分の強み」を徹底的に考える。

(2)「自分の強み」を必要としている人は誰かを考える。

(3)なぜ「自分の強み」を必要としているかを考える。

(4)「自分のバリュープロポジション」をどうするかを考える。

 

その「あなたの強み」は本物か?

◆81ページ~84ページ◆

あなたが「その仕事が好き」で「その強みを必要な人がいる」ものが「強みの種」だ。それを育てて、「誰も提供できない」状態に進化させる。こうなればしめたものだ。さらに「真似するのが難しい」状態になれば、それが本当の強みになる。最初は誰かがやっていてもいい。あなたの強みの種は、必ず進化するからだ。そしてまずは職場で一番を目指してみる。続いて部内で一番、社内で一番、さらに業界で一番を目指していく。ちょうど町内大会、市大会、県大会、全国大会、世界大会と進むような感じだ。

 

バリュープロポジションを進化させる

自分のバリュープロポジションを「誰も提供できない」状態に進化させます。

そのために、「職場で一番」「部内で一番」「社内で一番」「業界で一番」とステップアップしていきます。

その結果、自分のバリュープロポジションは「真似するのが難しい」状態にできます。

 

取り入れたい習慣

今後取り入れたい習慣は以下の3点です。

1) バリュープロポジションを理解する理解すること。

2) バリュープロポジションを考えること。

3) バリュープロポジションを進化させること。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。

【大金持ちの教科書】お金儲けの秘訣が学べます。

 

今回の読書メモは『大金持ちの教科書』です。 

f:id:WEST81:20171215231154j:plain

本書を手にした理由は、さらに大金持ちになるためのヒントを学びたいと考えたからです。

「ある程度の水準までであれば、お金儲けは必ずしも才能に依存するものではない。」

「富裕層の入り口である1億円から2億円程度の資産であれば、特別な才能がなくても作ることは可能である。」と著者はいいます。

本書には、お金持ちになるための「普遍的な考え方」「時代を見る目の養い方」についてまとめられています。

 

著者 

大金持ちの教科書

大金持ちの教科書

 

著者は投資家です。

大学卒業後、出版社記者を経て、投資ファンド運用会社に転職します。

2000年にコンサルタントとして独立し、企業に対する経営コンサルティング、ITコンサルティング、資産運用アドバイス等を行うようになります。

現在は億単位の投資を行う投資家でもあります。

 

目次

【I】お金持ちになる方法には、どのようなものがあるか?

【II】「お金持ちになりやすい時代」はあるのか?

【III】お金持ちになる能力とは?

【IV】お金持ちに必要なメンタリティとは?

【V】お金持ちとイノベーションの関係

【VI】これからの日本でどう稼ぐか?

 

ここからは、本書でフセンをつけた箇所をまとめておきます。

 

お金儲けは才能なのか?

◆84ページ~88ページ◆

つまり、野心的に事業を行ったり、リスクを取ったりするのは「動物的」な行動ではなく、実は非常に「人間的」な行動なのだ。お金持ちになるためには、こうした人間的な行動が不可欠である。ケインズはそれをわかりやすく説明するために、あえて動物にたとえて「アニマルスピリット」と呼んだのだろう。では強い者にこびて、弱い者をいじめるという「動物的」な感覚では、なぜお金持ちになれないのだろうか?答えは簡単である。お金をたくさん持っているのは強い者であり、強い者から奪わないと大きなお金を稼げないからである。弱者をいじめて利益を上げるビジネスもたしかに存在する。先に述べたように、ブラック企業はまさにその典型かもしれない。だが現実問題として、彼らから搾取できる金額はごくわずかだ。よほど大量の弱者から搾取しない限りは大きなお金にはならない。弱者をいじめるビジネスが社会的評価を得られないのは、倫理的、道徳的な面だけでなく、そもそも大きなお金になりにくいという経済的側面もあるのだ。その点、強い相手は豊富な資金を持っている。大きな利益を勝ち取るには、こうした強い相手との勝負が必要であり、それを支えるのが「野心」ということになる。

 

強い相手と勝負する

営業の世界では「訪問しやすい顧客」ではなく、「訪問しにくい顧客」へ足を運ぶよう教えられます。

これも弱い相手(訪問しやすいところ)ではなく、強い相手(訪問しにくいところ)を訪問することで大きなお金になるということなのでしょう。

「野心」を持って強い相手と勝負するようにします。

 

お金に関する刷り込みが、あなたをお金から遠ざける

◆132ページ~138ページ◆

マスメディアで流される情報は最初から結論が決まっている。コンテンツを制作する人は、その結論に対して辻褄が合うよう、各論を編集していくのである。コンテンツ制作責任者の部下に対する口癖は「もっとわかりやすく、単純化して!」である。マアスメディアの情報から真実を知りたければ、コンテンツの制作過程を遡り、もともとの素材は何だったのかを想像する作業が必要となる。これができるようになると、テレビの前に座っているだけで、あたかも取材したスタッフと同じように、一次情報を手にすることができるのだ。

 

コンテンツの制作過程を遡る

自分はマスメディアで流される情報を鵜呑みにしてしまいます。

これからはマスメディアで流される情報に対しては、そのコンテンツの制作過程を想像しながら受け入れることで一次情報を手にする力を鍛えます。

 

人より半歩先を行くことの難しさ

◆162ページ~167ページ◆

お金持ちの人とそうでない人とでは、イノベーションに対する意識はかなり異なっている。お金持ちの人はイノベーションを目の前にしたとき、好き嫌いという感情よりも、好奇心のほうが優先する。しかし、お金持ちになれない人は、好奇心よりも好き嫌いのほうが優先してしまう。結局、周辺の多くの人が使うようになってから、それを受け入れるため、常に負け戦となってしまうのだ。お金持ちになりたければ、まずはイノベーションに対して積極的になる必要がある。

 

イノベーションに対して積極的になる

自分は、イノベーションに対して積極的に利用することをしていませんでした。

特に最近は誰かに教えてもらいながら利用する派でした。

これからは好奇心を持って利用するようにします。

 

取り入れたい習慣

今後取り入れたい習慣は以下の3点です。

1) 強い相手と勝負すること。

2) コンテンツの制作過程を遡ること。

3) イノベーションに対して積極的になること。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。

【お金持ちの教科書】お金持ちの行動原理が学べます。

 

今回の読書メモは『お金持ちの教科書』です。 

f:id:WEST81:20171212215621p:plain

本書を手にした理由は、お金持ちになるためのヒントを学びたいと考えたからです。

本書は、著者が約150人のお金持ちからヒアリングした内容を元にまとめられています。

 

著者  

お金持ちの教科書

お金持ちの教科書

 

著者は投資家です。

大学卒業後、出版社記者を経て、投資ファンド運用会社に転職します。

2000年にコンサルタントとして独立し、企業に対する経営コンサルティング、ITコンサルティング、資産運用アドバイス等を行うようになります。

現在は億単位の投資を行う投資家でもあります。

 

目次

【I】お金持ちの実像を知る

【II】お金持ちの行動原理を学ぶ

【III】お金持ちになるために行動する

 

ここからは、本書でフセンをつけた箇所をまとめておきます。

 

お金持ちは人に感謝しない

◆97ページ~99ページ◆

軽々しく「感謝」「感謝」と口にする人は、基本的に「人に何かをしてあげよう」という意識は薄い。それに比べて「お礼」をするという行為は、自分に対しても厳しくなければ実現できないものである。身銭を切るわけだから、本当に貢献してくれた人にしかできるわけがない。そのことは逆に、自分は他人からされるだけのことをしているのか、という問いにつながってくる。だが一方で、「お礼」という行為はおろか、「感謝」の言葉さえ他人にかけることができない人が多く存在する。このため他人から「感謝」されることは意外と少なく、「感謝」されるだけで舞い上がって喜んでしまう人がたくさんいるのも事実なのだ。こうして「感謝するのはタダ」という格言が生まれることになる。感謝すれば人は喜んでホイホイ乗ってきてくれる。感謝を口にするのはタダなので、これほど安上がりな投資はない、というわけだ。したがって、お金持ちから「感謝」の言葉をもらったときは、半分は素直に喜んでよいが、半分は冷静に受け止めるべきだ。自分は「感謝」されたのか「お礼」をされたのか?その違いは大きいのである。

 

お金持ちは人にお礼する

自分は「感謝」を口にすることは多いのですが、「お礼」をすることは少ないように思います。これからは人に何かをしてもらったら、「お礼」するようにします。

「お礼」に使ったお金は、きっと何倍にもなって、戻ってくるのだと思います。

 

お金持ちはすべて自分のせいにする

◆100ページ~102ページ◆

お金持ちになれる人というのは、なかなか人にはできないことを実施しているので、多くの優れた面を持っている。その中でも特にすごいのが、結果のすべてを自分のせいにできる精神力の強さである。逆にいうと、このメンタリティさえ身につけることができれば、かなりお金持ちに近づくことができるのだ。往々にして人間は、他人のせいにすることにかけては天才である。曰く、仕事がうまくいかないのは周囲が非協力的だからであり、自分がお金持ちになれないのは世の中の仕組みが悪いからである。この例は、かなりダメ人間のレベルかもしれないが、以下はどうだろうか?信用していた人に裏切られた。投資した会社の業績が悪化して株が下がった。コネのある人にいい話を持っていかれてしまった……。このようなケースでは、自分のせいではないと思いたくなるかもしれない。だがお金持ちになれる人は、これらのことが起こっても、すべて自分のせいにすることができる。

 

お金持ちはすべて自分のせいにする

自分は、何かうまくいかないことが起きた時、自分は悪くないと、他人のせいにする傾向にあります。

これからはすべて自分のせいにし、自らの手で道を切り拓いていくようにします。

 

島田紳助に見る、お金持ちになるための秘訣

◆187ページ~190ページ◆

どんなに忙しくても、大変でも、明確なポリシーを持ち、それをブレずに保ち続けることは、実はかなり大変なことなのだ。逆に言うと、これが本当に実行できるなら、どんな分野であれ、お金持ちへのパスポートは半分手にしたも同然といってよい。

 

お金持ちは明確なポリシーをブレずに保ち続ける

「他人の役に立つ」ことをポリシーに取り組みます。

迷った時、「これは誰かの役に立てることなのか?」と問いかけ、判断するようにします。

多くの人に役立ち、喜ばすことができれば結果としてお金持ちになれるのでしょう。

 

取り入れたい習慣

今後取り入れたい習慣は以下の3点です。

1) お金持ちは人にお礼すること。

2) お金持ちはすべて自分のせいにすること。

3) お金持ちは明確なポリシーをブレずに保ち続けること。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。

【おっさん英語:130週目】行動科学で電気代が安くなるわけ

 

今回のテーマは英語の勉強法です。

おっさんが英語の勉強を再開して130週間が経過しました。

5年間(260週間)でどこまで英語が出来るようになるか、こっそり挑戦しています。

2020年のオリンピックで、たくさんの外国の人と会話してみたいと思って、コツコツと勉強しています。

f:id:WEST81:20171210221516j:plain

 

行動科学で電気代が安くなるわけ

今回の「TED Talks in 日本語」を使った勉強はこちらです。

digitalcast.jp

プレゼンターは節電のために電力会社と一緒に働いている方です。

不便さがあるならば節約が重要だと分かっていても、良心への訴えや経済的インセンティブでは人を動きません。

電気代を安くする実証された方法、それは近所の家庭の利用料を知る事です。

人間の奇妙な性質が人々をより善良な賢い資源節約家に変えられることを示します。

アメリカでは、年間400億ドルが無駄に誰のためにもなっていない電力に費やされており、それは同時に気候変動を助長しています。

行動科学を適用すれば、私たちという資源を活用できます。

これは今日から始められますし、電気代も即座に節約できます。

 

さらに詳しい内容を知りたい方は、TEDTalkを聴いてみてください。

 

勉強法

2017年1月から、こちらの記事にある勉強法に挑戦しています。 

 

具体的には「DUOセレクト」を使って勉強しています。 

DUOセレクト―厳選英単語・熟語1600

DUOセレクト―厳選英単語・熟語1600

 

 

英単語

英単語は、こちらで勉強しています。

www.globish.denken-dvd.com

130週目は、201~400語までを勉強しました。

 

ヒアリング

DUO Select」のCDを帰宅時の車の中で聞いています。 

DUOセレクト CD

DUOセレクト CD

 

 

勉強時間

130週目の勉強時間は3.25時間でした。

f:id:WEST81:20171210221740p:plain

  

To the last I read, thank you. Please come to play also. Nice to meet you.

【反論が苦手な人の議論トレーニング】コミュニケーションの基本が学べます。

 

今回の読書メモは『反論が苦手な人の議論トレーニング』です。

f:id:WEST81:20171209230241p:plain

自分は反論が苦手です。すぐに感情的になってしまいます。

本書を手にした理由は、反論を上達したいと考えたからです。

本書は、その場の雰囲気を壊さずに、モノ言うために以下の3つの技法について説明されています。

・問題の仕組みを明らかにする

・議論へのツッコミをいれる

・相反する意見をまとめて、よりよい解説を提示する

社会人に求められるコミュニケーションが学べます。

 

著者 

著者は、「文章・論理」の指導者です。

大学卒行後、演劇研究所、予備校の講師を経て、インターネット講座「VOCABOW小論術」の校長となります。

「ロースクール」「MBA」の志望者などを対象に、「文章・論理」の指導を行うほか、企業でもライティング指導を行っています。

 

目次

【第1章】空気は議論のためにある

【第2章】その議論、間違ってます

【第3章】揉めてからの「議論力」

 

ここからは、本書でフセンをつけた箇所をまとめておきます。

 

空気を読むことで人に働きかける

◆10ページ◆

もし、感情が息次第なら、人間関係だって息で決まるだろう。「息を殺して」相手を見守り、「息をひそめて」心配し、「息を合わせて」協力する。相手と自分の「空気」pneumaを感じとって働きかければ、それなりの反応が返ってくるはずだ。息がともなわない無理な働きかけをすると失敗する。これが「空気を読む」意味なのである。問題なのは、このような「空気を読む」が、相手への働きかけの技法だと認識されていないことだ。むしろ、ひたすら波風を立てず、自己保身をするテクニックだと受け取られてしまう。だが、笑いや泣きの技法化から分かるように、息はきちんと分析すればコントロールできる。従うしかない非理性的な力ではないのだ。

 

相手の息を分析する

「感情は息次第」、「人間関係は息で決まる」、このことを胸に刻み、相手の息を分析し、相手の息に合せるようにします。

今まで、自分も「空気を読む」の意味を誤って理解していました。

 

根拠には種類がある

◆41ページ~42ページ◆

代表的な根拠としては、理由・説明・例示の三つがある。理由は「なぜなら……からだ」の形で整理できる。解決/主張が「正しい」とサポートする根本的な理屈を簡潔に述べる部分だ。一方、説明の多くは「つまり……である」と表現できる。簡潔に表現した理由を、くわしく分かりやすく言い換えて、言いたい主張/解決にスムーズにつなげられることを示す。最後に、例示は、具体的な例やデータで、解決/主張に対応する事象が現実に存在することを示す。こういう風に理屈とイメージの二方向で示されれば、人間は、たいてい「なるほど」と頷く。実は、根拠の種類はこれだけではない。人間の納得の仕方は多様なので、どういう根拠を出せば、相手の心の琴線に触れるか分からない。理由が分かる人ばかりとは限らないから、イメージを助けにするし、難しい理屈が分からない相手なら分かりやすく説明する必要がある。相手をその気にさせるには、あらゆる手を使うべきなのである。

 

根拠はあらゆる手を使う

根拠には理由・説明・例示の3つがあります。

相手の琴線に触れられるよう、相手の理解度に合わせながら、3つを使い分けるようにします。

 

論理的な話・文章は繰り返しである

◆68ページ~69ページ◆

つまり、論理的な話や文章はすべてを理解しなくてもいい。なぜなら、論理的な展開とは、たった一つのメッセージを、理由・説明・例示・引用・比喩・対比などのさまざまの手段を使って伝達しようという試みだからである。だから、一つの表現で分からなくなっても、論理的な話や文章では、同じメッセージは後で違う形で必ず繰り返される。だから、自分が十分理解できる部分が出てくるまで待っていれば、全体を理解することができるのである。

 

論理的な話にはたった一つのメッセージがある

聞く時には、この話のメッセージは何かをあせらずに掴めばいいということです。

話す時には、一つの話には、一つのメッセージだけを含めるようにするということです。

聞く時、話す時、それぞれの立場で意識するようにします。

 

取り入れたい習慣

今後取り入れたい習慣は以下の3点です。

1) 相手の息を分析すること。

2) 根拠はあらゆる手を使うこと。

3) 論理的な話にはたった一つのメッセージがあること。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。

【あなたの話が伝わらないのは 論理的思考が欠けているからだ】論理的思考のヒントが学べます。

 

今回の読書メモは『あなたの話が伝わらないのは 論理的思考が欠けているからだ』です。 

f:id:WEST81:20171206231803j:plain

本書を手にした理由は論理的思考のヒントを学びたいと考えたからです。

よくある言い回しを手がかりに、その問題点を探ります。

そこで本来働くべき論理とは何か?を整理しながら、論理の仕組みを明らかにします。

これを元に、最初の発言や文章を修正し、よりよい発言や文章にしていく方法がまとめられています。

「ものの見え方」「話の聞き方」「文章の書き方」についてのヒントが学べます。

 

著者 

著者は、「文章・論理」の指導者です。

大学卒行後、演劇研究所、予備校の講師を経て、インターネット講座「VOCABOW小論術」の校長となります。

「ロースクール」「MBA」の志望者などを対象に、「文章・論理」の指導を行うほか、企業でもライティング指導を行っています。

 

目次

【chapter1】日常で使う言葉と論理の基本

【chapter2】主張をはっきりさせる表現

【chapter3】相手が納得する根拠の見つけ方

【chapter4】論理に勝つためのロジック

 

ここからは、本書でフセンをつけた箇所をまとめておきます。

 

まず謝罪すること

◆71ページ~73ページ◆

むしろ、何か物事がうまくいかなかったときは、まずその事実を認めるところから出発するべきです。それとともに、その「悪い結果」が引き起こされたプロセスを解明し、被害を受けた者に対して、すべて開示することを約束します。この時点で、被害者vs加害者という対抗図式は崩れ、同じ問題を探求する「同志」としての関係が成立します。害を引き起こした者が「敵」になるのではなく、一定の責任を認めることで、害を引き起こしたプロセスの方を「敵」とすることができるのです。

 

害を引き起こしたプロセスの方を「敵」とする

ついつい、害を引き起こした者が「敵」にしてしまいます。

自分が害を引き起こした場合は、過度に自分を守ろうとします。

相手が害を引き起こした場合は、感情的になって相手を攻めてしまいます。

これからは害を引き起こしたプロセスに注目し、そのプロセスに潜む問題を探求するようにします。

 

基本構造がすでに対話である

◆148ページ~149ページ◆

そもそも、論理的な話し方・文章の基本構造と述べてきた問題+解決+根拠(理由・説明・例示)自体が、対話の仕組みに従っています。まず、みんなが気にかけている問題を確認して「自分ならこうする/考える」と主張します。それに対して周囲は「なぜ、そう思うの?」とか「くわしく言うとどういうこと?」とか「具体的にはどうなるのか?」と反応する。これらにいちいち答えていけば、理由・説明・例示になります。

 

「問題+解決+根拠」の基本構造で話す

まずは問題を確認し、自分の考えを主張し、その上で理由・説明・例示を行います。

以前、問題解決のフレームワークとして「空→雨→傘」の思考パターンを学びました。

今回の思考パターンは「雨(問題)→傘(解決)→空(根拠)」になりますね。

 

反対意見は「うざったい」だけか?

◆154ページ~155ページ◆

しかしながら、反対意見は、自分の意見・主張が改善するきっかけにもなります。違った見方から、まったく違った評価がなされる。だから、欠陥や見逃しが発見されることも多いのです。それどころか、反対意見とつきあわせているうちに、元の問題提起自体が不十分だったことが明らかになることすらあります。それを訂正したり、改めたりすれば、元の意見・主張より、ずっとよいレベルになる可能性がある。

意見×反対意見=よりよいレベルの主張

  

反対意見を歓迎する

ついつい反対意見には反論しています。

自分は正しいという思い込みから、やはり過度に自分を守ろうとします。

相手の言うことも一理あると捉えて、相手の意見の背景にある考えを探るようにします。

そこにより良いレベルの意見に導くためのヒントが隠れています。

 

取り入れたい習慣

今後取り入れたい習慣は以下の3点です。

1) 害を引き起こしたプロセスの方を「敵」とすること。

2) 「問題+解決+根拠」の基本構造で話すこと。

3) 反対意見を歓迎すること。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。