読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【悩みや不安を軽くしたい人向け】 「脳とこころ」のことが学べます

書評‐思考術

 

今回のオススメ本は、『困難に打ち克つ「脳とこころ」の法則』です。

本書は、悩みや不安を軽くしたい方へオススメです。

本書には「脳とこころ」のこと、「こころ」を磨くための実践などが説明されています。

本書で紹介されている実践に取り組めばあなたの悩みや不安も少しは軽くなるかもしれません。

f:id:WEST81:20161206231515p:plain

 

著者について 

困難に打ち克つ「脳とこころ」の法則 ゾーンと海馬があなたを強くする

困難に打ち克つ「脳とこころ」の法則 ゾーンと海馬があなたを強くする

 

 著者は、脳神経外科の医師です。

救急医療の現場で、数々の画期的治療法を開発され、大きな成果をあげてこられてきた方です。

また、2008年北京オリンピックの競泳日本代表チームに「勝つための脳」についての講義を行い、メダル獲得に大きく貢献されています。

著者は、「われわれの「こころ」は考えることによって生まれ育まれる、つまり「脳とこころ」の本質を知ることが「こころ」を磨くための一番の近道だ」と言われています。

 

「脳とこころ」

本書には、著者が臨床の現場から発見してきた「脳とこころ」の真実について以下の6章で紹介されています。

 1章 疲れない「脳とこころ」をつくる

 2章 本番に強い「こころ」をつくる

 3章 落ち込んだ「こころ」を立て直す

 4章 「こころ」が記憶力や集中力を高め、独創的なアイデアを生む

 5章 大きくて強い「こころ」に代わる!自分の殻を破る

 6章 困難の壁にぶつかったら

 

5章で弱点日記をオススメされています。

弱点日記とは、「自分の弱点を箇条書きにして、弱点克服の達成度、および克服の期限を定めて、クリアするよう取り組むもの」です。

これを続けることで自分の弱点を克服できるそうなので、おっさんも試してみます。

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

疲れ知らずの脳を持つ人、脳もこころも疲れやすい人

◆36ページ~37ページ◆

しかし、人には脳の疲れを除去する仕組みが備わっています。ダイナミック・センターコアの中にあるA10神経群が活性化することで脳の疲労が自動的に除去される仕組みになっているのです。このA10神経群を活性化する最善の方法が、好き、おもしろい、楽しい、自分でもやってみたい、など前向きの感情を持つことです。

 

前向きの感情を持つ

確かに、「好きなこと」「おもしろいこと」「楽しいこと」などに取り組んでいる時は、時間を忘れていることがあります。

まずは、楽しそうにニコニコしながら取り組んでみます。

さらに、好きな音楽を聴きながら、あるいは好きな飲み物を飲みながら取り組むのもいいかもしれません。

 

ノーベル賞受賞者の教え

◆99ページ~101ページ◆

つまり、やる気を引き出すポイントは、自分が楽しいと思う、自分の仕事(行為)で、誰かを喜ばせることにあるのです。やる気になるための本来のモチベーションには、経済的利益や名誉などは必要ないのです。

 

誰かを喜ばせることを想像しながら、楽しんで取り組む

「家族のこと」「友達のこと」「お客様のこと」など、自分が喜んでもらいたい人のことを想像し、ワクワクしながら取り組んでみます。

そうすればやる気のスイッチがオンになるのでしょう。

 

こころの広い人とは、自分を守り過ぎない人

◆135ページ~136ページ◆

人とのコミュニケーションの中で、「だまされたくない」「損したくない」「失敗したくない」と、つねに否定的要素を持ってしまうと、そこには自己保存の本能が過剰に働いてしまいます。そうではなくて、「少しはだまされてもいい」「少しは損してもいい」「少しは失敗してもいい」という気持ちになれれば、こころは変わってきます。

 

少しは失敗してもいいという気持ちになる

おっさんの場合は、「失敗したくない」という気持ちが強いように思います。

そして、自分自身を守ろうとする自己保存の本能が過剰に反応していると思います。

このスタンスが周りの人にも、自分にもストレスを与えているように思います。

多少のことには目をつむり、もっと相手を尊重するようにしていきます。

先日観ていたテレビで「ストレスは不安とこだわり」ということを言っていました。

まずは、不安もこだわりも捨てるようにします。

 

おっさんの選択            

本書から学んだ「脳とこころ」のポイントは以下の3点です。

 1) 前向きの感情を持つこと。

 2) 誰かを喜ばせることを想像しながら、楽しんで取り組むこと。

 3) 少しは失敗してもいいという気持ちになること。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。

【日曜の夕方に、「めんどくさい」と感じる人向け】 「めんどくさい」を消す方法が学べます。

書評‐思考術

 

今回のオススメ本は、『あなたの人生から「めんどくさい」が消える本』です。

 

本書は、日曜の夕方に、「めんどくさい」と感じる方へオススメです。

「めんどくさい」世の中に身を置きながらも、できるかぎり「めんどくさい」を少なくしていく方法を禅の教えを通してまとめられています。

f:id:WEST81:20161205223315p:plain

 

「めんどくさい」もの

「めんどくさい」もの、そんなものは、この世には存在しません。

どこかに存在しているものではなく、自分自身の心の中に存在しているのです。

「めんどくさい」ことは、あなたの心が勝手に生み出しているにすぎません。

 

自分がやろうと決めたこと、自分自身が主体となってやっていることに関しては「つらさ」や「めんどくささ」は生まれてきません。

 

誰かにやらされているという気持ちがあれば、そこには必ず「つらさ」や「めんどくささ」がつきまといます。

 

たくさんの「めんどくさい」があるとすれば、それはきっとあなたの心がメタボに陥っている証です。

 

そして、そんな時には、「自分にとって幸せとは何なのか?」「自分が歩むべき道とは何なのか?」に思いを寄せるといいそうです。

 

著者について 

あなたの人生から「めんどくさい」が消える本

あなたの人生から「めんどくさい」が消える本

 

著者は、住職の方です。

その他にも、庭園デザイナー、美術大学教授なども務められています。

禅の思想と日本の伝統的な考え方をもとに庭の創作活動を行ない、国内外より高い評価を得られています。

 

「めんどくさい」を消す方法

本書には、「めんどくさい」を消す方法がまとめられています。

 第1章 世の中は「めんどくさい」ことがあふれている

 第2章 「めんどくさい」の正体

 第3章 「めんどくさい」の落とし穴

 第4章 人間関係の「めんどくさい」を手放す

 第5章 シンプルに動けば「めんどくさい」は消える

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

世の中に「面白くない」仕事はない

◆40ページ~43ページ◆

仕事の中に楽しみややりがいを見つける。それは自分自身の心のもち方にかかっていると思います。

どんな小さな仕事にも心をつくすこと。

周りの人たちが面倒だと思って避けようとする仕事こそ、積極的にやってみるという心がけ。

この2つさえあれば、あなたの周りから「めんどくさい仕事」などなくなるはずです。

 

 仕事の中に「楽しみ」や「やりがい」を見つける

「人が面倒だと思って避ける仕事こそ、積極的にやってみること」でどうすれば楽しくできるか考えるでしょう。

「どんな小さな仕事にも心をつくすこと」でやりがいが見えてくるでしょう。

そうすれば、いつの間にか「めんどくさい仕事」がなくなっているのでしょう。

 

目の前にあるものはすべて「縁」あってやってくる

◆44ページ~47ページ◆

あなたの目の前にある「やるべきこと」。それらはすべて縁があってあなたのもとにやってくるものです。それは大きい小さいではなく、すべてがあなたにとって大切なものであることを知ってください。その一つひとつに心をつくしながら生きていくこと。そんな心がけをもてば、あなたが紙に書いた「めんどくさい」ことさえ、喜びを見出すことができるはずです。少しだけ未来にある「めんどくさい」こと。その小さなものをしっかりとこなしていく。その積み重ねが人生というものなのです。

 

「やるべきこと」に心をつくしながら生きていく

「やるべきこと」があることに感謝し、「やるべきこと」の先にいる人のことを想像しながら取り組めば、きっと喜びを見つけることができるでしょう。

 

「変化」から「規則」というスイッチに切り替える

◆192ページ~193ページ◆

「めんどくさい」というのは、規則正しい生活の営みから、少し外れたところに存在するものなのかもしれません。日曜日の夕方に生まれてくるめんどくささ、ああ、また明日から会社に行かなければいけないと思うとうんざりします。そこから逃れる方法はたった一つ。それは、月曜日の朝になり、再び淡々とした日常の中に自らが飛び込んでいくことなのです。あれこれと考えることなく。決められた規則の中にあえて心を埋没させていく。「変化」というスイッチから「規則」というスイッチに切り替えることです。そして、この気持ちを切り替えるという行為さえも、日常生活の規則の中に埋め込んでおくことなのです。

 

決められた規則の中に心を埋没させる

あれこれ考えず、頭の中のスイッチを「変化」から「規則」に切り替えましょう。

そうすれば気持ちも切り替わり、規則に従う自分に戻れます。

 

おっさんの選択            

本書から学んだ「めんどくさい」を消す方法のポイントは以下の3点です。

 1) 仕事の中に「楽しみ」や「やりがい」を見つけること。

 2) 「やるべきこと」に心をつくしながら生きていくこと。

 3) 決められた規則の中に心を埋没させること。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。よろしくお願いいたします。

【感情的になりやすい人向け】 怒りを消す技術を学べます。

書評‐思考術

 

今回のオススメ本は、精神科医が教える「怒り」を消す技術』です。

 

本書は、感情的になりやすい方へオススメです。

「怒ってよかった」といえるケースはほとんどありません。

怒りで心はざわつき、そのたびに反省することを考えれば、怒りはコントロールして抑え込むことは大事なことなのです。

「怒ること」は相手にも、自分にも、何ひとつよいことなどないと思います。

本書で怒りを消す技術を学び、感情的な自分を変えていきましょう。

f:id:WEST81:20161204113201j:plain

 

おっさんも人と会話をしているとき、いつの間にか言い過ぎてしまい、反省することがよくあります。

そんな自分を変えるヒントを見つけたいと思い本書を手にしました。

 

著者について 

精神科医が教える「怒り」を消す技術 (怒りのコントロールが人生を幸福にする)

精神科医が教える「怒り」を消す技術 (怒りのコントロールが人生を幸福にする)

 

 著者は、精神科医の方です。

吉祥寺のクリニックで院長をされているそうです。

著者は、怒りの背後には「おそれている気持ち」、もしくは「ゆるせない気持ち」が存在しているといいます。

この2つとは反対の気持ち「おそれない」「ゆるす」を選択できれば、怒りの感情から解放されるともいわれています。

さらに「おそれない」「ゆるす」ことを選択すると心に決めた瞬間から行動が変化していくそうです。

 

怒りを消す技術

本書には、怒りを消す技術が紹介されています。

怒りを消す技術には、他人との関係を意識して怒りのコントロールを行う「外向きのコントロール」と心の安らぎを目的に「おそれない」こと、「ゆるす」ことを行う「内向きのコントロール」とがあります。この2つのコントロールについて以下の章立でまとめられています。

 

 第1章 イラッときたときの対処法

 第2章 なぜ怒りをコントロールする必要があるのか?

 第3章 4つの視点から怒りを知る

 第4章 怒りを外側に出す人と抑える人

 第5章 自分の怒りのタイプを知る

 第6章 怒りを収める最終段階でのテクニック

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

おそれを手放す(A)傾聴する

◆155ページ~157ページ◆

人と話をしている最中に、「自分の声」に気づいたら、「相手の話に集中しよう」と、自らに注意を促してください。そして、人の話の一区切りごとに、「今のお話は、これこれこういったことと理解していいでしょうか?」などと復唱し、相手の話した内容と自分の理解とにズレが生じていないことを確認していくといいと思います。「人の話をしっかりと聞く」ということが、おそれを手放すためにだれにでもできることです。そして、ほとんどの人が実践できていないことでもあります。

 

人の話をしっかりと聞く

確かに人の話を聞くことは簡単なようで、できていないと思います。

おっさんの場合は、相手の話を聞きながら、次に自分が言おうとすることを考えていることがよくあります。

まずは相手の話に集中し、しっかり聞くようにしてみます。

 

おそれを手放す(E)信じる

◆160ページ~162ページ◆

つまり、「自分は穏やかな心であるために、正しいこと行っている」というように、「自分を信じる」ことができれば、先に述べた「だれもが同じように精一杯がんばっている」という理解にもとづいて、他人も自分と同じように正しいことを行っているのだということがすんなり腑に落ちるはずだからです。

 

自分を信じる

自分に自信がなく、大丈夫だろうか、出来るだろうかと不安になることはよくあります。

「自分は穏やかな心であるために、正しいこと行っている」とまずは自分を信じるようにてみます。

さらに相手に対する「感謝」とか「尊重」の気持ちも持つようにしていきます。

 

ゆるすために(A)素直な気持ちでゆるす

◆167ページ~173ページ◆

このように、日常的な出来事に対して素直な気持ちでゆるしてみましょう。単なる魔法の呪文のように、「まあ、いいか。ゆるそう!」と感情を込めずに口に出してみるだけでも、実際の効果は想像以上です。だまされたと思って、試してください。

 

「まあ、いいか。ゆるそう!」と口に出す

変なこだわりは捨て、相手の考えや行動を受け入れ、「まあ、いいか。ゆるそう!」と口に出すようにしてみます。

そうすれば確かに相手との衝突はなくなっていくように思います。

 

おっさんの選択            

本書から学んだ怒りを消す技術のポイントは以下の3点です。

 1) 人の話をしっかりと聞くこと。

 2) 自分を信じること。

 3) 「まあ、いいか。ゆるそう!」と口に出すこと。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。

【おっさん英語:77週目】 「あと一歩」を大事にしよう

おっさん英語

 

今回のテーマは英語の勉強法です。

おっさんが英語の勉強を再開して77週間が経過しました。

5年間(260週間)でどこまで英語が出来るようになるか、こっそり挑戦しています。

2020年のオリンピックで、たくさんの外国の人と会話してみたいと思って、コツコツと勉強しています。

f:id:WEST81:20161203204156j:plain

 

「あと一歩」を大事にしよう

今回の「TED Talks in 日本語」を使った勉強はこちらです。

digitalcast.jp

プレゼンターは美術史家の方です。

 

彼女が私たちに問いかけるのは、私たちの人生における「あと一歩」の役割です。

 

熟達の追求において私たちを突き動かしているのは、この「あと一歩」だといいます。

 

熟達とはゴールするためではなく、追求を続けるために身を削ることです。

そのために必要なのは「あと一歩」を尊重することです。

 

今の自分と、なりたい自分との間にある差を縮めようと求め続けるところにあるのです。

私たちは、自分の限界と闘って成長します。

私たちが成長するのは、やり遂げた時ではなく、課題を残している時です。

 

求めていたはずのものに近づくことで、過去に夢見た以上のところへ到達することがあるのです。

 

完成はGOALですが、それはTHE ENDではないのです。

 

さらに詳しい内容を知りたい方は、TEDTalkを聴いてみてください。

 

基礎的な英単語・文法を一気に詰め込む           

32週目から、こちらの記事にある勉強法に取り組んでいます。

tsukuruiroiro.hatenablog.com

今は、ステップ1の「基礎的な英単語・文法を一気に詰め込む」を取り組んでいます。

 

■英単語

英単語は、こちらで勉強しています。

www.globish.denken-dvd.com

77週目は、また最初に戻って801~1,000語までを勉強しました。

 

■英文法

英文法は、前述の記事で紹介されている「一億人の英文法」で学んでいます.

今週は、648~656ページまでを勉強しました。 

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

 

 

 ヒアリング

ヒアリング英会話のCD、帰宅時の車の中で聞いています。

 

勉強時間

77週目の勉強時間は3.33時間でした。

f:id:WEST81:20161203204048p:plain

 

To the last I read, thank you. Please come to play also. Nice to meet you.

【考える力を鍛えたい人向け】 「考える力の引き出し方」が学べます。

書評‐思考術

 

今回のオススメ本は、『「考える力」をつける本』です。

本書は、考える力を鍛えたい方へオススメです。

本書には、著者が実践している「考える力の引き出し方」がまとめられています。

 

「よく考えろ!」と言われることがあります。

自分では考えているつもりなのですが……

だからか「思考法」や「考える力」というキーワードは気になります。

f:id:WEST81:20161202221748p:plain

 

著者について 

「考える力」をつける本―新聞・本の読み方から発想の技術まで

「考える力」をつける本―新聞・本の読み方から発想の技術まで

 

 著者は、ジャーナリストの方です。

1959年に朝日新聞社に入社され、朝日新聞論説委員も務められた方です。サッカー選手としても活躍された方のようです。

著者は、「力の差とは、力そのものの差ではなく、自分自身が持っている力の引き出し方の差だ」と言います。

 

考える力の引き出し方

本書には、「考える力の引き出し方」がまとめられています。

 第 1章 「今日一日」からはじめる知的生活術

 第 2章 新聞から何をどう読み取っていくか

 第 3章 「量の読書」を「質の読書」

 第 4章 「いい問いかけ」の条件

 第 5章 メモの作法と方法

 第 6章 「鍵の束」としての辞書と索引

 第 7章 「考えるきっかけ」をどうつかむか

 第 8章 「書くこと」は「考えること」

 第 9章 ワープロ・パソコンでできること、できないこと

 第10章 「情報」を生かすための考え方

 第11章 議論の方法―「論理的な考え方、話し方」とは?

 第12章 オリジナルなものを生み出す力

 第13章 「好奇心の領域」を広げてゆく法

 第14章 遊び上手は仕事上手

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

問いかける相手は、まず自分自身

◆78ページ~80ページ◆

1.イスに腰掛けて天井をにらんでいても、考えを進めるための資料のたぐいは頭の中に浮かんできてはくれない。2.早く行動すること。3.行動とは、質問すること。4.質問の相手は、まず自分自身。さらに、会社の仲間、友人、家庭、書物などいろいろ。5.質問をして恥をかくことを恐れてはならない。

 

自分に対して質問し、それに答える

考える力の引き出し方(その1)は、自分に対して質問し、それに答えることです。

質問し、答えることをくり返していくことで考えが深まっていきます。

 

さまざまな考え方も、なぜ文章にすると紋切り方になってしまうのか

◆143ページ~144ページ◆

「書くこと」は、「思うこと」や「考えること」をさらに深化させる、自分自身のこころの奥への小さな旅なのである。その旅によって、人は、新しい自分を、新しい自分の「考え方」、「ものの見方」を発見するだろう。だからわたしは、ビジネスに忙しい人びとにも「書くこと」をお勧めしたいのだ。

 

考えを書き出す

考える力の引き出し方(その2)は、考えを書き出すことです。

自分の頭の中にある考えを引き出しながら書くことで、さらに考えが深化されていきます。

 

テーマを際立たせるための「なぜ」の使い方

◆159ページ~162ページ◆

「なぜ?」と問いかけ「つづけることによって、枝葉末節は整理されて、そこから、「考え」の本質ともいうべきものが、ゆっくりと姿を見せてくる。「考え方」とは、自らに「なぜ?」と問いかけながら深さを獲得してゆく方法ではなかったのか。多くを考えて、多くを捨てる。「考え方」とは、問いかけによる「削り方」なのである。

 

「なぜ?」を繰り返し、本質を探る

考える力の引き出し方(その3)は、「なぜ?」を繰り返し、本質を探ることです。

よくなぜを5回繰り返すと本質が見つかるといいます。

「なぜ?」を繰り返すことで多くを考え、さらにそこから枝葉末節なことを削っていきます。

 

おっさんの選択            

本書から学んだ考える力の引き出し方のポイントは以下の3点です。

 1) 自分に対して質問し、それに答えること。

 2) 考えを書き出すこと。

 3) 「なぜ?」を繰り返し、本質を探ること。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。

【センスを磨きたい人向け】 人生を愉しくするためのヒントが学べます。

書評‐思考術

 

今回のオススメ本は、『センスいいね!と言われる人の思考術』です。

本書は、センスを磨きたい方へオススメです。

センスを発揮して、人生を愉しく、充実させるためのヒントが紹介されています。

f:id:WEST81:20161201222312j:plain

 

7つの思考マッピング

「7つの思考マッピングとは、著者が考案したセンスのいい思考法に早く到達するための方法です。

ポストイットに各発想法のイニシャル(()内の英字)と具体的なアイデアを記載しながら、バランスよくアイデアを出すようにします。

 1.感性思考(F) 例:買いたい車を書く

 2.理性思考(L) 例:買うべき車を書く

 3.バイパス思考(B) 例:周りの人に質問してその回答を書く

 4.プロト思考(P) 例:車に試乗して、感想・評価を書く

 5.アイデアソース(S) 例:本で見た感想、街で見かけた車の印象を書く

 6.クラウド発想(C) 例:フワフワ浮かんでくる発想を書く

 7.連想(A) 例:連想で生まれてくる発想を書く

 

著者について 

「センスいいね!」と言われる人の思考術

「センスいいね!」と言われる人の思考術

 

 著者はデザイナーの方です。

プロダクト、グラフィック、建築など幅広い分野でデザイン活動を展開されています。

「デザインは才能じゃなく、知識です。」

「センスは天性ではなく、思考技術です。」

「知識と思考技術ですから、誰でも学べます。」

「電気が発電できるように、「ひらめき」も自家発電できます。」と著者はいいます。

 

センスのいい人の思考法

本書には、あなたがアーティストの道へと導いてくれる方法がまとめられています。

 第1章 なぜ人生にセンスが必要なのか?

 第2章 センスを高める思考法

 第3章 センスよく自分をデザインする

 第4章 センスを鍛えるスケッチ思考

 第5章 人生のセンスを高める審美眼の磨き方

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

センスとは感性と理性の融合

◆36ページ~39ページ◆

感性人間であれば、意識的に理性を働かすべきでしょう。「彼らはこう思うだろう」「あの人ならこう言うだろう」と二人、三人称で考えるのが理性です。他人の思考を分析、再現する思考だからです。理性は社交的で協調的です。

 

他人の思考を分析、再現する

理性的な人は、逆に感性を使ってみることです。

「自分はこう思う」と一人称で考えたり、アイデアを出すのが感性です。

電車から見える景色を見て「もうすぐ桜が咲くころだな」と思うのは自分の感性です。

おっさんも感性人間です。

「彼らはこう思うだろう」「あの人ならこう言うだろう」といった視点で考えを深めるよう心がけます。

 

自分の枠を設計する:コンテクスト

◆69ページ~73ページ◆

決まったコンテクストがあったほうが楽に自己表現できますし、多くのメリットを実感できます。自分探しをするより、自分の枠をデザインしましょう。自分というものが定まっていると迷いや悩みが減り、周囲と早く関係がつくれます。

 

エスノグラフィをまとめる

本書ではコンテクストづくりとして「エスノグラフィ」が紹介されています。

「系」「族」「髪形」「ファッション」「アクセサリー」「時計」「かばん」「車」「趣味」「住んでいる所」「好きな場所」「仕事」「年収」「読んでいる雑誌」「好きなレストラン」「行きつけのバー」「パートナー」「交友関係」などの切り口で自分のことについてまとめることをススメています。

 

交際術

◆174ページ~196ページ◆

愉しむことにさえ集中できればと思うのです。愉しむセンスを磨いて好きを実践すれば、自分自身の社会に対する友好的な部分、おいしい部分を引き出すことができます。自然とすべてのことにポジティブアプローチができるので結果もついてきます。

 

愉しんで取り組む

著者は、「愉しんでいると与えることができる→与えると感謝の気持ちをもらえることができる→そして、うれしくなって、もっと与えることができる」といっています。

これが「好きこそものの上手なれ」になるサイクルです。

何にでも愉しんで取り組みましょう。

 

おっさんの選択            

本書から学んだセンスのいい人の思考法のポイントは以下の3点です。

 1) 他人の思考を分析、再現すること。

 2) エスノグラフィをまとめること。

 3) 愉しんで取り組むこと。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。

【営業マン向け】 営業戦略の考え方が学べます。

書評-戦略

 

今回のオススメ本は、ランチェスターの基本戦略がわかる本』です。

本書は、営業の方へオススメです。

本書では、基本を理解できるようにと「図解による解説」を心がけられ、まとめられています。

営業戦略をどのように考えればよいのかを学べます。

f:id:WEST81:20161130224544j:plain

 

著者について 

ランチェスター戦略は、新入社員から中間管理職、経営者の方々まで、それぞれの立場において役に立つもの、また、どのような業種においても通用戦略だ」と著者は言われています。

 

ランチェスターの基本戦略

本書には、ランチェスターの基本戦略がまとめられています。

 1章 “実戦”から生まれた最強の戦略「ランチェスター

 2章 ランチェスター戦略なら“大逆転”もここまで可能!

 3章 “地域”を確実に制覇する絶対法則

 4章 “市場占拠率”を確実に伸ばす法!

 5章 “市場参入”・“作戦変更”に威力抜群のランチェスター方式

 6章 「差別化」で圧倒的優位に立つ7原則

 7章 これが“ランチェスターの本領!”情報の収集+活用実戦術

 8章 ランチェスター式・最強の「営業時間」活用術

 9章 「新規開拓に絶対成功する」営業マンの戦い方

 10章 「やる気」の創出!ランチェスターの“目標と行動”管理術

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

あくまで「論理的・合理的」に徹する、この6つの発想

◆32ページ~33ページ◆

<Why>「なぜ」・・・「敵と戦って勝つため」という明確なコンセプトが全社的に確立されていなければならない。・・・

<What>「何に力を入れるか」・・・どの商品に重点を置くかという問題である。

<Where>「どの地域に力を入れるか」・・・地域を細分化し、その細かく分かれた地域のなかからどの地域を狙うのか、重点地域を決めることである。

<When>「期間はどのくらいか」・・・商品開発でも営業活動でもダラダラと時間をかけては、成果が上がらない。期間を設定してスタートすることだ。

<Who>「どの顧客層を狙うか」・・・どの得意先を狙って商品開発をするのか、あるいは、どんな相手を新規開拓するのかという問題だ。

<How>(1)「どこまでやるか」(2)「どのようにしてやるか」・・・(1)の「どこまでやるか」は地域、商品、得意先別などで目標設定をしなければならないということだ。ゴールのない競争は、モラール(士気)にも影響する。そこで定めた目標に、どのように到達するかという問題が(2)である。・・・

  

5W1Hを考える

戦略とは、「何を」「どのように」考えればよいのか理解できました。

 

戦略とは、いわば「桃のタネ」だ!

◆43ページ~44ページ◆

戦略とは、実際の戦争においては、「(1)状況」「(2)条件」「(3)場面」「(4)範囲」の4つの要素の組み合わせのなかから、敵に勝つためのベストの方法を編み出すことである。さらに戦略は、3つの要素から成り立ち、第一がその中核に位置する思想、第二が戦略を機能させる組織、第三が、その組織を動かすためのパターン化させた行動の領域である。

 

「思想」「組織」「行動」を揃える

これが戦略の本質なのだと思います。

 

目標を確実に達成する「PDCA」の科学的管理

◆197ページ~199ページ◆

これを、ビジネス現場に即して述べると、(1)目標(計画)を立てる→(2)目標達成に必要な作業を標準化する→(3)標準化した通り行動する(させる)→(4)その通り行動しているかチェックする→(5)標準化した通り行動していなければ修正を加える→(6)修正措置が適正であるかどうかをチェック→(1)目標(計画)を再び立てる、という6段階から成り立つ。 

 

PDCAサイクルを回す

おっさんは、「(2)目標達成に必要な作業を標準化する」部分ができていませんでした。これからは改めます。

 

おっさんの選択            

本書から学んだランチェスターの基本戦略のポイントは以下の3点です。

 1) 5W1Hを考えること。

 2) 「思想」「組織」「行動」を揃えること。

 3) PDCAサイクルを回すこと。

  

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。