読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【望みを叶えたい人向け】「無意識」のチカラを最大化する方法が学べます。

 

今回のオススメ本は、『引き出しの法則』です。

本書は、望みを叶えたいあなたへオススメです。 

f:id:WEST81:20170514133811j:plain

人の行動の9割を支配しているのが【無意識】のチカラです。

【無意識】のチカラは、私たちの望みを叶えてくれています。

そして、あなたの【無意識】のチカラをうまく使うためには、内側にある【意識】の使い方が大切なのだそうです。

【無意識】の声を【意識】が無視しないようにする必要があります。

私たちがやることは、【無意識】のチカラを引き出すことではなく、【意識】でやっている頑張りをやめることです。

そのために、【意識】のチカラでできることは「口に出す言葉」「体を使った動き」「新しい可能性を見つけ出す思考」の3つです。

本書には、これらのメソッドがまとめられています。

 

著者について 

引き出しの法則

引き出しの法則

 

著者は、20代の頃、ニートになり、そんな自分から卒業するため、無意識(潜在意識)や引き寄せの法則、精神世界などあらゆる思考法に出会い、「心」と「体」両方からアプローチすることで人生を好転させる独自のメソッドを開発しました。

2012年ブログ『世界はキミのためにある!』をスタートさせつつ、そのかたわらで全国トークショーにて、たくさんの人に癒しや笑い、そして気づきを届けています。

 

引き出しの法則

本書には、引き出しの法則がまとめられています。

 【第1章】引き出しの法則

 【第2章】口に出す

 【第3章】動き出す

 【第4章】見つけ出す

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

すでにそうだったんだ!

◆96ページ~107ページ◆

口に出すメソッド(1):思い出すメソッド

  • やり方

(1)解決したい悩みや、こうなったらいいなと思う望みに対して語尾に「思い出す」をつける。

(2)「思い出す」ということは【無意識】の領域にはその状態が「ある(存在している)」ということだ。前提として「ある」のだから、その言葉を言った時に「ふと」閃いた方法を試したり、できることはすぐに行動に移す。

(3)7日間、続けてみる。

 

思い出すメソッドを試す

「解決したい悩み」や「望み」はたくさんあります。

これらに対して、今までは、「どうすればいいのだろう?」と問いかけていました。

これからは「~する方法を思い出す」と問いかけます。

 

感情を味方につければ体は勝手に動き出す

◆128ページ~147ページ◆

動き出すメソッド(1):ルンルンメソッド

  • やり方

(1)あなたが今、どんな些細なことでもいいから、一番「嬉しい!」と感じるようなことをイメージする。

(2)そのイメージが実際に起こった前提で、その時に出るポーズを実際にとってみる。

(3)そのポーズをとったまま、今悩んでいることや不安に思っていることに対して「これで良かった」と声に出して言ってみる。

  

ルンルンメソッドを試す

今、一番「嬉しい」と思うことは、たくさんの方に、このブログの記事を読んでいただくことです。PVがたくさんあれば、「ヨッシャ!」とガッツポーズをとります。

このポーズでルンルンメソッドを試してみます。

 

良いモノを吸って、悪いモノを吐く

◆228ページ~235ページ◆

見つけ出すメソッド(3):カラーブリージングメソッド

  • やり方

(1)椅子に座ってもベットやソファに横たわってもいいので、目を閉じて楽にできる姿勢をとる。できれば毎日同じ場所でやる(同じ場所でやることで、【無意識】が「この場所でやればリラックスする」という認識ができるため)。

(2)まずは大きく息を吐き切る。そして、息を鼻から7秒間かけてゆっくり吸う。その時に明るい色(ピンクでもゴールド)の空気が体内に取り込まれているイメージを持ちながら吸う。

(3)吸った酸素が脳から足のつま先まで行き渡るイメージを持つ。

(4)息を吐き出す時は口から。胸の中にある疲れや不安や心配事などを黒い色のモヤとしたイメージする。そのモヤを口を大きく開けずに細く長くゆっくりと7秒間かけて吐き出す。

(5)(2)~(4)をワンセットとして、5回繰り返す。

  

カラーブリージングメソッドを試す

集中したい時に、このカラーブリージングメソッドを試してみます。

これを毎日繰り返せばリラックス状態を作れる上に、集中力も高まります。

 

おっさんの選択

本書から学んだ引き出しの法則のポイントは以下の3点です。

 1) 思い出すメソッドを試すこと。

 2) ルンルンメソッドを試すこと。

 3) カラーブリージングメソッドを試すこと。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。