読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【新規顧客の獲得に追われている人向け】継続顧客維持の大切さが学べます。

 

今回のオススメ本は、『客は集めるな!』です。

本書は、新規顧客の獲得に追われているあなたへオススメです。 

f:id:WEST81:20170416224412j:plain

本書には、「お客様とスタッフ」「経営者スタッフ」「お客様と経営者」この3つのきずなを高める方法がまとめられています。

継続顧客維持の大切さが学べます。

 

著者について 

客は集めるな!~お客様とのきずなを作る3つの関係~

客は集めるな!~お客様とのきずなを作る3つの関係~

 

著者は経営者の方です。

業界トップの「テニスクラブ」「テニスショップ」「老人ホーム」「学習塾」のほか、「オリジナル・テニスブランド」の立ち上げにも成功されています。

その独自の経営手法を公開したセミナーは、高い評価を受けています。

 

きずなを高める方法

本書には、きずなを高める方法がまとめられています。

 【Prologue】お客様は知らない間にいなくなる!

 【1】 集客はしないほうがいい!

 【2】 サービスはいらない!

 【3】 お客様とスタッフの関係を深める!

 【4】 スタッフと経営者の関係を深める!

 【5】 経営者とお客様の関係を深める!

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

集客だけじゃない!サービスだけじゃない!「きずなの経営」

◆69ページ~71ページ◆

お客様にとって必要な会社やお店になるには経営者、スタッフ、お客様の3つの関係が互いに強いきずなで結ばれなければいけません。この3つのきずなのどれが欠けても、お客様に必要なお店や会社になることはできません。

 

「経営者」「スタッフ」「お客様」3つの強いきずなを高める

「経営者」「スタッフ」「お客様」、それぞれにとって、なくてはならない存在になることが大切なのです。

 

今すぐできる!安くできる!「会員組織の作り方」

◆162ページ~164ページ◆

お客様と経営者のきずなを強くするためには、相手の情報を掴まなくては話になりません。自分の会社やお店を利用しているお客様のことが何も分からずにビジネスをすることは、相手の好みも知らずにデートに誘うのと同じです。最初にやらなければいけないことは「私の会員になってください」と告白して、情報を与えてもらうことです。会員システムができれば、経営者とお客様のきずなを強くするのは簡単です。きずなを強くするために、いろいろなアプローチをすればいいのです。

 

自分の会員になってもらう

まずは、会員になっていただきましょう。

会員システムの大切さを学びました。 

 

ボランティア

◆207ページ~210ページ◆

憎しみのあるところには愛を

不当な扱いのあるところには許しを

分裂のあるところには一致を

疑惑のあるところには信仰を

誤っているところには真理を

絶望のあるところには希望を

暗闇には光を

悲しみのあるところには喜びを持っていくことができますように

褒められることを求めるよりは褒めることを

理解されるよりは理解することを

愛されることよりは愛することを

求める心をお与えください

(参考文献「マザーテレサ愛の軌跡」、1988年ハンセン病の本の出版記念講演会で行われたマザーテレサの講演より)

  

与えられる人になる

こちらから与えることが大切なのですネ。

いつも与えられる人でありたいです。

 

おっさんの選択

本書から学んだきずなを高める方法のポイントは以下の3点です。

 1) 「経営者」「スタッフ」「お客様」3つの強いきずなを高めること。

 2) 自分の会員になってもらうこと。

 3) 与えられる人になること。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。