読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【成功を目指している人向け】儲かる会社の秘訣が学べます。

 

今回のオススメ本は、『へえ、儲かる会社はこんなことをやっているんだ!』です。

本書は、成功を目指しているあなたへオススメです。 

f:id:WEST81:20170316231158j:plain

本書には、儲かる会社の秘訣がまとめられています。

本書で紹介されている秘訣を「じっくり」「長く」「コンスタント」に続けることで大きな夢の実現につながると著者はいいます。

 

著者について 

著者は、経営コンサルタントの方です。

大学卒業後、家業のディスカウント店の店長を経て、36歳でコンサルティング会社へ入社され、活躍しました。

主に流通業界の経営指導を担当し、その指導成功率は100%を誇ったそうです。

そして、経営指導の基礎となる「数理マーケティング」は画期的な経営理論として注目を集めています。

 

儲かる会社の秘訣

本書には、儲かる会社の秘訣がまとめられています。

 【第1章】 信念で1億円企業はできても、使命感がなければ、100億円企業にならない!

 【第2章】 「頭のいい人」は、この情報を聞いてひとりほくそえむ!

 【第3章】 すべての人に売ろうとするな!

 【第4章】 「魔法」のカラクリ―「当店の食パンは二日でカビが生えます」

 【第5章】 人生の師を見つけてひたすらコピー、真似をせよ!

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

使命感は成功への最大のエンジンあなたは頂上まで必ず歩ける!

◆18ページ~22ページ◆

つまり、創業者やサラリーマントップの両方を数多く見聞きしているのだが、いずれの成功者にも共通しているのは、「使命感」に溢れているということだ。人間、小成に甘んじてしまう人と、大成する人は強烈な使命感を感じさせる。使命感や人生観のない人というのは、経営理念がない会社のようなもので、経営理念がない会社で成功事例を見たことはない。使命感は成功への最大のエンジンなのである。

 

使命感をもつ

使命感、人生観は成功のエンジンです。

エンジンのない車は走りません。

しっかりと使命感、人生観をもって生きていきます。

現在の私の使命感は、お客様の事業の成長にお役に立つことです。

 

飽きるタイミングと次に欲しくなるモノの傾向

◆46ページ~49ページ◆

本当の意味で優れた成功者に共通しているのは、他人の話によく耳を傾けるということ。成功や金儲けのヒントは「人の話」のなかに潜んでいることが多いことを知っているからだ。情報収集のとっておきの手をひとつ-。誰とでも「同じ目線で話す」ということにつきる。

 

誰とでも同じ目線で話す

「誰とでも同じ目線で話すこと」をこれから訓練していきます。

そのためのカギは、相手への「感謝」と「尊敬」だと思います。

 

また泊まりたいと思うホテルのモーニングコール

◆166ページ~170ページ◆

フォーミーかフォーユーか、この違いはかぎりなく大きい。「~できますか」とたずねられ、はっきり口に出さなくても「私の仕事はここまでですので、そこまではいたしかねます」とか「この契約金額でそのレベルまではサービスできません」というのがフォーミー。「お客さまのおっしゃっている内容は、ご契約いただいている範囲では対応しかねますが、別途契約をさせていただければ○×まで対応させていただきます」というのがフォーユーである。

 

フォーミーの姿勢で接する

自己の都合を優先させようとするのがフォーミーです。

まだまだ「フォーミー」になっている時があります。

少しでも長く「フォーユー」でいられるよう心がけます。

 

おっさんの選択

本書から学んだ儲かる会社の秘訣のポイントは以下の3点です。

 1) 使命感をもつこと。

 2) 誰とでも同じ目線で話すこと。

 3) フォーミーの姿勢で接すること。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。