読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【勉強嫌いなビジネスマン向け】 超高速勉強法が学べます。

 

今回のオススメ本は、『図解超高速勉強法』です。

本書は、勉強嫌いなビジネスマンへオススメです。 

f:id:WEST81:20170202223839j:plain

すばやく、ラクに、確実に成果を出す「瞬間」勉強法を学べるかも?

著者は「勉強は嫌いだ」といいます。

本書には、著者が自分と同じような人のために、今まで蓄積してきた勉強術、記憶術、速読術などのエッセンスがギッシリ詰め込まれています。

 

著者について 

図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!

図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!

 

 著者は、心理カウンセラーの方です。

大学中退後、テレビ番組で「記憶の達人」として紹介された方です。

記憶術を才能でなく訓練で身につけただけではなく、速読術、自己暗示法、作詞作曲など多くの分野で能力を取得しています。

カルチャーセンターの講師や、企業研修の講師などもつとめられています。

 

超高速勉強法

本書には、超高速勉強法がまとめられています。

 【1章】 「あせり」をうまく使え!

 【2章】 「長時間」の損に気づこう

 【3章】 「平均点」は上げなくてもいい!

 【4章】 「目次」を暗記せよ

 【5章】 「わからないまま」を恐れるな

 【6章】 頭はリラックスでより強くなる

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

「暗示がきかない」と思い込んでいる人に

◆21ページ~25ページ◆

自分に暗示をかける暗示語は、特別な言葉でなくてかまいません。

(1)動が変わる言葉

(2)行動に移せる言葉

(3)行動が増す言葉

でさえあればよいのです。言葉は思い(念)を強めます。念の強さは行動の変容をうながし、驚くほど集中力を高めていきます。簡単にいえば、念の強さと集中力は比例するということです。

 

 自分に暗示をかける

おっさんの暗示語は、「YES!YES!YES!」にします。

 

勉強に「快楽システム」を組み込もう

◆116ページ~118ページ◆

自分の勉強の中に「楽しいことは続けられる」システムをつくればいいのです。

(1)「わかる」から始めるシステム

(2)「できる」という自信を持たせる流れ

(3)「できた」という達成感を持てる仕組み

(4)最後に「おもしろい」という興味と動機をうながす

 これに沿って勉強をしていけば、ランナーズハイのような快感物質が脳内に出て、「勉強は大変だけどやりたい」「勉強はおもしろい」といった感情を持つようになるのです。

  

快楽システムを組み込む

おっさんの場合、本を一冊読むと新たな「気づき(わかる)」があります。

そして、その気づきをブログに書くと「達成感(できた)」があります。

ブログを継続することで「自信(できる)」につながり、どんどん「おもしろく」なってきます。

 

記憶力を増強する4つの絶対法則

◆130ページ~134ページ◆

私は凡人です。その凡人に、こんな離れ業ができたのは、ひとえに「記憶のコツ」を体得していたからです。才能に恵まれた「真の達人」をさしおいておこがましいのですが、凡人なりの究極の記憶術を、ここでお話しておきましょう。厳選すると次の4つになります。

(1)反復する

(2)関連づける

(3)整理する

(4)思い出すクセをつける

  

「記憶のコツ」を体得する

今、英文の暗記に取り組んでいます。

「反復」「関連づけ」「整理」「思い出す」の「記憶のコツ」を体得できるよう挑戦します。

 

おっさんの選択

本書から学んだ超高速勉強法のポイントは以下の3点です。

 1) 自分に暗示をかけること。

 2) 快楽システムを組み込むこと。

 3) 「記憶のコツ」を体得すること。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。