読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【スキルアップを図りたい人向け】 効果的な勉強法が学べます。

 

今回のオススメ本は、『「1日30分」を続けなさい!』です。

本書は、スキルアップを図りたい方へオススメです。 

f:id:WEST81:20161227224114j:plain

本書には、著者の経験に基づく結果を出すための勉強法のポイントがまとめられています。

著者の経験に基づく内容なので説得力があります。

 

著者について 

「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55

「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55

 

 著者は経営者の方です。

新聞社を退職後、アメリカでMBAを取得されます。

帰国後3年間で、「翻訳」「手帳・目標達成関連」「英語学校」と3つのビジネスを手がけられています。

 

効果的な勉強法

本書には、効果的な勉強法がまとめられています。

 【第1章】人生は勉強した者が勝つ!

 【第2章】勉強時間を捻出する方法

 【第3章】勉強に集中する方法

 【第4章】短期集中型・長期計画型の勉強法

 【第5章】本気の人のための英語勉強法

 【第6章】勉強を成功させるための目標設定方法

 【第7章】勉強効率アップのための食事・睡眠

 【第8章】勉強効率アップのためのツール

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

勝つための勉強戦略とは?

◆48ページ~49ページ◆

私は、勉強量を増やすことが、勉強の成果を一番大きく左右する要素であることを知っています。これを増やさずして、勉強の成果は絶対に上がらないのです。それなのに、世の中には、「ラクして、簡単に」という勉強メソッドが、特に英語学習の分野で氾濫しています。

 

勉強量を増やす

やはり基本は量稽古なのですネ。

量稽古なくして成果は上がりません。

 

同僚に差を付ける時間の使い方とは?

◆80ページ~81ページ◆

仕事を早くこなすコツをお教えします。「この仕事を1時間で終わらせる」というように仕事の処理時間を先に決めるのです。普通のビジネスパーソンはこんなふうに仕事はしません。私は報道の世界で、仕事を短時間で終わらせるスキルをいつの間にか身に付けました。朝刊や夕刊には締め切りというものがあって時間が決まっているのです。

 

仕事の処理時間を先に決める

コレ、おっさんは実践していました。

良い習慣はこれからも続けていきます。

 

逆転の思考法で目標達成できる?

◆169ページ~173ページ◆

多くの人が、「~したら、~する」という考え方をします。例えば、「TOEFLで○○点を取得したら、留学する」とか。そうではなく、「○年○月○日までに私は~する(になる)。それを実現するためには~する」と。

(中略)

このように思考法を逆にすれば、あなたの夢や目標は確実に、いままでの数倍早く達成できます。

  

「○年○月○日までに私は~になる」「実現するためには~する」と思考する

目標から逆算して計画を考えるのは、勉強も仕事も同じですネ。

 

おっさんの選択            

本書から学んだ効果的な勉強法のポイントは以下の3点です。

 1) 勉強量を増やすこと。

 2) 仕事の処理時間を先に決めること。

 3) 「○年○月○日までに私は~になる」「実現するためには~する」と思考すること。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。