読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【速く成果を出したい人向け】 最強のスキルを学べます。

書評-仕事術

 

今回のオススメ本は、『鬼速PDCAです。

 

本書は、速く成果を出したい方へオススメです。

著者は、「PDCA力は、会社にとっても個人にとっても、最強のスキルである」といいます。

また、「マネジメント手法というより、前進を続けるためのフレームワークだ」ともいいます。

f:id:WEST81:20161127000409j:plain

 

鬼速PDCAとは

鬼速PDCAとは、3日に1回、PDCAのサイクルを高速で回す仕事の進め方です。

高速を超える鬼速でPDCAを回し続けることで、圧倒的なスピードで成果を出し続けることができます。

P(計画):ゴール(KGI)を決め、課題を考え、KPI(結果目標)を設定し、解決策を考える

D(実行):解決策を一段具体化したDOを考え、そのKDI(DOの定量化)を設定し、さらに具体化したTODOに落とし込み、実行する。

C(検証):KGI、KPI、KDIを検証し、できなかった要因とできた要因を絞り込む。

A(調整):検証結果を踏まえ調整案を考え、次のサイクルにつなぐ(または中止する)。

 

著者について 

鬼速PDCA

鬼速PDCA

 

 著者は、経営者の方です。

大学在学中にIT分野にて起業されます。

卒業後は、証券会社に入社されて数々の営業記録を樹立し、最年少で本社の超富裕層向けプライベートバンク部門に異動されます。

その後、シンガポールでのビジネススクール留学を経て、タイにてASEAN地域の経営戦略を担当されます。

2013年、「世界中の誰もが全力で夢に挑戦できる世界を創る」ことをミッションとした会社を設立されます。

 

鬼速PDCA

本書には、鬼速PDCAがまとめられています。

 1章 前進するフレームワークとしてのPDCA

 2章 計画初級編:ギャップから導き出される「計画」

 3章 計画応用編:仮説の精度を上げる「因数分解

 4章 実行初級編:確実にやり遂げる「行動力」

 5章 実行応用編:鬼速で動くための「タイムマネジメント

 6章 検証:正しい計画と実行の上に成り立つ「振り返り」

 7章 調整:検証結果を踏まえた「改善」と「伸長」

 8章 チームで実践する鬼速PDCA

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

鬼速PDCAとは何か

◆49ページ~58ページ◆

実行サイクルにいるときに自分の仮説に自信がないと、せっかく目標を立ててもモチベーションが上がらず中途半端な結果に終わりかねない。だから実行時は自信を持つことが重要だ。一方で、検証をするときだけはいったん自分の仮説を疑う客観的な目線、つまり「もっと効率的な方法はないのか?」「他にやるべきことはないのか?」「見えていない課題が潜んでいるのでは?」といった問いを持つことが重要になる。実行するときは自信満々で。検証するときは疑心暗鬼で。これがPDCAの基本である。

 

疑心暗鬼で検証する

おっさんの場合、疑心暗鬼度が足りていませんでした。

「もっと効率的な方法はないのか?」

「他にやるべきことはないのか?」

「見えていない課題が潜んでいるのでは?」と

たくさんの問いを投げかけ、検証するようにします。

 

5段階まで深掘りする

◆109ページ~112ページ◆

これもロジカルシンキングの基本だが、因数分解の階層を深めるときは「WHY」を繰り返すWHYツリーか、「HOW」を繰り返すHOWツリーの2通りしかない。要因を見つけるときは「なぜ(できないのか?/できたのか?)」を繰り返し、課題や解決策を見つけるときは「どうやって(構成されているのか?/達成するのか?)」の問いをすればいい。この2つの質問はPDCAにおける魔法の言葉である。

 

魔法の言葉を使う

これからは、

「なぜ(できないのか?/できたのか?)」

「どうやって(構成されているのか?/達成するのか?)」を

繰り返して、因数分解の階層を深めるようにします。

 

簡単な課題は「質×量」で切る

◆118ページ~122ページ◆

私は昔からどんな成果も「質×量」で成り立つという考え方をしている。物理の初歩である「距離=速度×時間」の式も、結果は「走る能力(質)」と「走った時間(量)」の積が、「走った距離(成果)」である。よって「営業力」「生産性」「収入」「新規採用」といった大きなテーマも、「質×量」で切ればMECEは成り立つ。

 

テーマを「質×量」で切る

おっさんの場合、質の観点での考えが不足していました。

これからは、特に質を意識して考えるようにします。

 

おっさんの選択            

本書から学んだ鬼速PDCAのポイントは以下の3点です。

 1) 疑心暗鬼で検証すること。

 2) 魔法の言葉を使うこと。

 3) テーマを「質×量」で切ること。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。