読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【おっさん英語:70週目】 必ずできる!(未来を信じる「脳の力」)

 

今回のテーマは英語の勉強法です。

おっさんが英語の勉強を再開して70週間が経過しました。

5年間(260週間)でどこまで英語が出来るようになるか、こっそり挑戦しています。

2020年のオリンピックで、たくさんの外国の人と会話してみたいと思って、コツコツと勉強しています。

f:id:WEST81:20161015213608j:plain

 

必ずできる!(未来を信じる「脳の力」)

今回の「TED Talks in 日本語」を使った勉強はこちらです。

digitalcast.jp

プレゼンターは、「学習や問題解決に使われる脳の処理能力は、開発・育成できる(=成長)」という「成長型マインドセット」について研究している方です。

 

あなたにとって「解決するにはちょっと難しい問題」に対する思考には2種類のパターンがあるといいます。

 

1つは「解けるほど頭が良くない...」です。もう1つは「まだ解けていないだけ!」です。「成長型マインドセット」は後者の思考パターンをいいます。

 

取り組んでいるプロセスを 褒めるのです。彼らの努力、やり方、集中力、忍耐力、進歩など、このプロセスの賞賛が強くて「しなる」人をつくります。

 

「まだ」や「未合格」という言葉で、人は「大いなる自信」を身につけます。

それが「やり抜く力」の源となり、未来へ続く道が開けます。

 

何か新しいことや難しいことを学習しようとコンフォートゾーン(脳が慣れ親しんだ現状)を押しのける度に、脳内のニューロンが新しく強い結合を作ります。すると段々と頭が良くなっていくよと、事前に「脳のしくみ」を教えられた子供たちは、急に成績が伸びました。

 

努力と困難こそ、ニューロンが新たな、より強い結合を生み出している時間であり、正に「賢くなっていく時」なのです。

 

さあ、あなたも「成長マインドセット」で困難なことに挑戦していきましょう。

 

さらに詳しい内容を知りたい方は、TEDTalkを聴いてみてください。

 

基礎的な英単語・文法を一気に詰め込む           

32週目から、こちらの記事にある勉強法に取り組んでいます。

tsukuruiroiro.hatenablog.com

今は、ステップ1の「基礎的な英単語・文法を一気に詰め込む」を取り組んでいます。

 

■英単語

英単語は、こちらで勉強しています。

www.globish.denken-dvd.com

70週目は、また最初に戻って1,001~1,200語までを勉強しました。

 

■英文法

英文法は、前述の記事で紹介されている「一億人の英文法」で学んでいます。

今週は、579~593ページまでを勉強しました。 

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

 

  

ヒアリング

ヒアリング英会話のCDを聞いています。

帰宅時の車の中で聞いています。

 

勉強時間

70週目の勉強時間は3.33時間でした。

f:id:WEST81:20161015214139p:plain

 

To the last I read, thank you. Please come to play also. Nice to meet you.