読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【ネット通販を始めたい人向け】 ネット通販のテクニックが学べます。

書評‐マーケティング

 

今回のオススメ本は、『ネット通販の教科書』です。

本書は、ネット通販を始めたい方へオススメです。

本書は、パート1とパート2の二部構成になっており、ネット通販のテクニックが学べます。

f:id:WEST81:20161010192215p:plain

 

パート1(基礎編)は、「通販で成功するための基本テクニック74」です。

通販ビジネスに関する知識がない人でも、これを読めばすぐに通販を始められます。

 

パート2(上級編)は、「リアルショップにも生かせる上級テクニック48」です。

軌道に乗ったビジネスをさらに大きくするにはどうすればいいかについて解説しています。

 

著者について 

ゼロからはじめる ネット通販の教科書

ゼロからはじめる ネット通販の教科書

  • 作者: 池本克之
  • 出版社/メーカー: ユナイテッド・ブックス(阪急コミュニケーションズ)
  • 発売日: 2010/05/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 47回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 著者はマーケティングコンサルタントの方です。

いくつもの通販会社の経営に携われ、店頭公開に導かれた方です。

2003年には化粧品通販会社をジャスダックに店頭公開させています。

2004年には総合通販会社を東証マザーズ株式公開させています。

 

ネット通販のテクニック

本書には、ネット通販のテクニックがまとめられています。

 第1章(通販とは何か)ビジネスを始めるための基礎知識

 第2章(集客)こうすればお客さまは集まってくる

 第3章(商品開発)確実に売れる商品を作るコツ

 第4章(受注体制)低リスクで受注を増やす方法

 第5章(配送・集金)確実に行なって信頼と利益を手に入れる

 第6章(販売促進)タイミングと真心でリピート客を増やせ

 第7章(広告&広報戦略)効率よく投資して売上を伸ばす)

 第8章(インターネット戦略)売れるキーワードで稼ぐ方法

 第9章(カスタマーリレーション)お客さまとのコミュニケーションが「次」につなが る

 第10章(リピーター促進)ユーザー友だち化計画で安定経営を目指せ

 第11章(ローコスト経営)「一〇円でも安く」が儲けの源

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

最初は単品からスタートせよ

◆80ページ~82ページ◆

通販では、チラシやDMに2つも3つも商品を載せる余地はありません。通販では、まず「一点突破」なのです。ひとつの商品だけに思いを込め、その商品の魅力を確実に伝えるための情報をチラシに詰め込むのが通販の鉄則。だから、商品の魅力を余すところなく伝えるべく、知恵を絞り、広告文を工夫することが大切。これぞという一点の商品に絞ったほうが効果は大きいのです。商品を増やすのは、最初の一品が軌道に乗り、お客さまに商品を認知してもらってからで十分です。

 

まずは「一点突破」する

通販をスタートする時には、ある程度商品があった方がよいと思っていました。

しかし、これは間違いでした。

まずは、これぞという一点の商品に絞ってスタートするのが鉄則なのですネ。

 

ネーミングの基準は「田舎のおばあちゃん」

◆85ページ~87ページ◆

品物を手に取って見せるわけにはいかない通販では、リアルショップ以上にネーミングが重要なポイントです。ネーミングを決めるときに大事なポイントは、

(1)…覚えやすい

(2)…中身がストレートにわかる

ということです。商品は、とにかく覚えやすいのがいちばん。小学生でもお年寄りでも、すぐに覚えられるような名前がベストです。覚えやすさで言うと「7文字以内」が理想です。

 

 

「田舎のおばあちゃんでも覚えられるネーミング」にする

「田舎のおばあちゃんでも覚えられるネーミング」といった視点はありませんでした。

「7文字以内」で「中身がストレートにわかる」内容を考えるようにします。

 

「ちょっとした違い」が、いつか大きな成果を生む

◆224ページ~226ページ◆

何かをテストするときには、必ず「最高、最上のもの」からテストすることです。たとえば、商品の価格を決めるテストで、最高の値段から試し、思うように売れなかったときには、その価格ではダメということであり、その時点でテスト終了の判断が下せます。最高のオファーからスタートして、徐々に条件を厳しくしていくという方法を取れば、結果が出るまでの時間も短くて済むのです。

 

「最高、最上のもの」からテストする

この視点もありませんでした。

テストする際は最高からスタートし、徐々に下げていくのが鉄則なのですネ。

 

おっさんの選択            

本書から学んだネット通販のテクニックのポイントは以下の3点です。

 1) まずは「一点突破」すること。

 2) 「田舎のおばあちゃんでも覚えられるネーミング」にすること。

 3) 「最高、最上のもの」からテストすること。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。