読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【見やすい資料を作成したい人向け】 見やすい資料の10箇条を学べます。

書評-仕事術

 

今回のオススメ本は、『見やすい資料の一生使えるデザイン入門』です。

本書は、見やすい資料を作成したい方へオススメです。

見やすい資料の10箇条がまとめられています。

f:id:WEST81:20161003213932j:plain

 

ちなみに見やすい資料の10箇条は以下になります。

 (1)「1スライド=1メッセージ」になっている

 (2)フォントの特性を利用している

 (3)色を使うルールを決めている

 (4)色の特性を利用している

 (5)脱・箇条書き

 (6)装飾がシンプルで無駄な要素がない

 (7)情報が凝縮されている

 (8)情報のグループ化を行っている

 (9)テキストや図が整列されている

 (10)情報と情報の間には余白をとっている

 

見づらい資料の5つの共通点とは

見づらい資料には以下の5つの共通点があるようです。

 (1)明朝体の文字

 (2)青赤黄など主張しすぎている原色の使用

 (3)枠がついていたりついていなかったり

 (4)無意味な箇条書きが多い

 (5)単語が改行によって分割されている

 

あなたの資料大丈夫ですか?

ぜひチェックしてみてください。 

 

著者について 

一生使える 見やすい資料のデザイン入門

一生使える 見やすい資料のデザイン入門

 

 大学院在学中に「研究発表プレゼンがわかりにくい」と感じたことから、大学で学んだ知識と独学の資料作成ノウハウをまとめ、勉強会を発足します。

その勉強会でまとめノウハウをWebのスライド共有サービス「SlideShare」に掲載したところ、1ヶ月で累計閲覧数30万回を突破します。

その後も閲覧数は増え続け、現在(2015年12月現在)では、累計220万回を超える人気コンテンツとなっています。 

www.slideshare.net

 

著者は現在、法人向け資料作成代行サービスに携わっており、事業責任者兼ディレクターとして100社以上の資料作成を監修されています。

 

見やすい資料のデザイン

本書には、見やすい資料のデザインがまとめられています。

 LESSON 1伝わる資料はどういうものか

 LESSON 2資料が見やすくなるデザインの基本

 LESSON 3スライド全体のデザインを決めよう

 LESSON 4資料の見栄えが良くなる! 表現のテクニック

 LESSON 5さまざまな資料に応用しよう シーン別実例集

 

ここからは、本書のオススメページを紹介していきます。

 

ベースカラー・メインカラー・アクセントカラーの3つを決める

◆70ページ~71ページ◆

POINT

▽ベースカラーは白地に黒字が基本

▽メインカラーは見出しなどに使うテーマカラー

▽アクセントカラーは注目させるための色。メインカラーの補色がオススメ

 

  

メインカラーとアクセントカラーを決める

資料作成時、あまり配色を意識することはありませんでした。

これからは、配色を大切にします。

まずはメインカラーは緑、アクセントカラーは赤にすることから始めます。

 

大切なのは配色だけじゃない!色の割合のルールで印象アップ

◆74ページ~75ページ◆

POINT

▽アクセントカラーを乱用すると、見栄えが悪く、見づらくなる

▽ベースカラー70%、メインカラー25%、アクセントカラー5%を目安にしよう

▽「まあまあ大事」はメインカラー、「一番大事」はアクセントカラー

  

メインカラー25%、アクセントカラー5%を目安にする

「まあまあ大事」なメインカラーは25%、「一番大事」なアクセントカラーは5%になるよう意識します。

 

プロジェクト提案のためのプレゼン用表紙スライド

◆152ページ~153ページ◆

▽表紙の要素を「資料の目的」「提案内容」「作成者・発表者」の3つに分ける

▽3つの要素ごとにグルーピングし、一番重要な「タイトル」を大きく

▽背景にプロジェクトのイメージに合う写真を敷いて印象付ける

  

背景にプロジェクトのイメージに合う写真を敷く

今までの表紙は文字だけが並んだシンプルなモノでした。

これからは、資料のイメージに合った写真を敷くようにします。

 

おっさんの選択            

本書から学んだ見やすい資料のデザインのポイントは以下の3点です。

 1) メインカラーとアクセントカラーを決めること。

 2) メインカラー25%、アクセントカラー5%を目安にすること。

 3) 背景にプロジェクトのイメージに合う写真を敷くこと。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

                       

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。