読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【ビジネスに効く★オススメ本】売上を上げるためのコツが紹介されてます

書評-営業

 

今回、おっさんが紹介するビジネスに役立つ本は新幹線ガールです。

 

f:id:WEST81:20150925224441j:plain

 

営業の方へオススメです。

 

本書で説明されている方法を実践していくとお客様との信頼が深まり、結果売上につながっていくのだと思います。 

新幹線ガール

新幹線ガール

 

 

著者について

著者は新幹線パーサーの方です。2005年全社員パーサー300人の中で売上NO.1に輝かれた方です。平均売上高の3倍の数字を売り上げられるスゴい方です。

 

本書には、新幹線パーサーの物語がまとめられています。新幹線パーサーの職場は「きちんとノウハウが受け継がれ」、かつ「みんなで励ましあう」職場のようです。

 

オススメページ

本書のオススメページを紹介します。

 

◆100ページ~102ページ◆

”「喜んでくれました」ファイル”

 

乗務前と乗務後にパーサーが集うミーティングルームには、「こんなことをしたらお客様が喜んでくれました」というタイトルのシールが貼られたファイルが置いてあります。ミーティング時にパーサーからあがってきた声をまとめたもので、いつでも自由に見られるようになっています。

 

この「喜んでくれました」ファイル、イイですね。ネーミングもイイのですが、取り組みもいいです。落ち込んだ時などにこのファイルに目を通せば、みるみる元気になれそうです。どの職場にも1冊あるといいかもしれません。

 

 

◆173ページ~174ページ◆

”実戦の場で役に立つ「5A」”

 

  • お酒に酔ったお客様にからかわれたときでも・・・「アタマニクルナ」。
  • 接客中に「あ、ついでにこれもください。あれとそれも」と言われたときに・・・「アワテルナ」。
  • 自分が知らないことをお客様に尋ねられたときに・・・「アセルナ」。
  • 自分には向いていないかもしれないと、くじけそうになったときでも・・・「アキラメルナ」。
  • 分からないことがあっても簡単に先輩を頼らない。ワゴンを押すときは一人なんだから、自分で工夫したり判断したりする力を持つこと・・・「アテニスルナ」。

売上を上げるための直接的な指示はどこにもありません。でも何か困ったことが起きたとき、「5A」を思い出すと気持ちを落ち着かせることができます。

 

 

「5A(アタマニクルナ、アワテルナ、アセルナ、アキラメルナ、アテニスルナ)」を手帳に書き出し、何か困ったことが起きたときには眺めるようにします。少しは落ち着けるような気がします。

 

◆182ページ~183ページ◆

 ”基本を守る難しさ”

 

きめ細やかなサービスをしているつもりなのに売上げが伸びない場合について、インストラクターにその理由を聞いたことがあります。そういうときには、

  • 自分が細やかなサービスをしているつもりになっているだけで、自己満足でしかない。
  • お客様にお薦めする気持ちが足りない。
  • お客様が何を考えているか想像力が足りない。

この3つの原因が考えられるとのことでした。

 

 

気持ちは自分にではなく、お客様の方に向かせることが大切なのですね。気持ちをお客様の方に向け、どうしたらお客様は喜んでくださるのか、問いかけ、想像力を働かせ、考えましょう。

 

おっさんの選択

本書からおっさんが学んだビジネスに役立つ選択は以下の3点です。

 

1.「喜んでくれました」ファイルをつくること。

2.アタマニクルナ、アワテルナ、アセルナ、アキラメルナ、アテニスルナを手帳に書くこと。

3.気持ちがお客様の方に向いているか確認すること。

 

やっちゃえ!オッサン!おっさん は「まだまだ、やりますよ!」。

そしてあなたも「まだまだ、やれますよ!」。いっしょにがんばりましょう!!

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。よろしくお願いいたします。