読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



65歳以降、老後のお金が毎年85万円も不足

f:id:WEST81:20150613021231j:plain

 

毎週金曜日はお金の話

このブログでは毎週金曜日は、お金のことについて調べていこうと思います。今回は、老後に必要なお金について調べてみます。老後にはいったいどのくらいのお金が必要なのか、またどのくらいの年金を受け取ることができるのかを確認し、これからの参考にしたいと思います。

 

老後に必要なお金

老後に必要なお金として老後の生活費を紹介しているサイトを見つけました。

老後の生活費はどれくらい?|公益財団法人 生命保険文化センター

 

このサイトによると1ヶ月の支出の合計は27.8万円になります。支出の内訳は以下の通りになります。

■食費…6.5万円

■税・社会保険料など…3.1万円

■交通・通信費…2.9万円

■教養娯楽費…2.6万円

■交際費…2.5万円

■光熱・水道費…2.3万円

■住居費…1.6万円

■保険医療費…1.5万円

■家具・家事用品費…1.0万円

■被服費及び履物日0.7万円

■その他…3.0万円

 

この金額は多いですか?それとも少ないですか?あなたはどう思われますか?

 

仮に年金を65歳から受け取ることができたとした場合、子供が独立してから、65歳になるまでは年間で334万円(27.8万円×12ヶ月)の収入が必要ということになります。

 

気になる年金はいくら受け取れる

老後の収入となる年金、我々世代は一体いくら受け取ることができるのでしょうか?

日本年金機構のサイト(http://www.nenkin.go.jp/ )には「年金簡易額試算(シミュレーション)」の機能があるそうです。しかし、2015年6月12日現在、サイトに脆弱性が発見されたため、一時停止となっており、残念ながらシミュレーションはできない状況です。

 

前出の生命保険文化センターのサイトには1カ月間の収入は20.7万円と紹介されていましたので仮にこの金額を参考にします。

 

65歳から毎月20.7万円を受け取ることができた場合、収入は20.7万円で支出は27.8万円になります。毎月7.1万円不足する計算です。80歳までの人生だと仮定すると1,278万円(7.1万円×12ヶ月×15年)が必要になります。

 

貯金があればいいのですが、なければ毎月不足分の7.1万円を80歳まで稼ぐ、または支出を見直し20.7万円以下にするか、いずれかが必要になります。

  

不足分はどうする

自分の場合、毎月の不足分はアフィリエイトで稼げるようになりたいです。そのための取り組みとして現在ブログを書いています。あなたも今からいくつかの財布を用意する準備をされてはいかがでしょうか?

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。よろしくお願いいたします。