読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路の選択

タイトルは『鷹の選択』にならって『四十路の選択』としました。

【スポンサーリンク】



【おっさん仕事術】落ち着け・落ち着け!話し合い中、イラッとした時の対処法

会話術

f:id:WEST81:20150609233137j:plain

自分を変える 

五十路を前に、自分の欠点を克服できるよう、自分を変えることに挑戦しようとしています。毎月テーマを決め取り組んでいきます。6月は「ヒトの話を聞くようになる」ことに挑戦します。そのために以下の3点に取り組もうと思います。

 1.話し合いには感情を入れない(反発しない)こと。

 2.まずは相手のいうことをすべて受け入れること。

 3.質問されたことにちゃんと応えること。

毎週火曜日に1週間の挑戦の様子を振り返り、そこからの気づきなどをまとめていこうと思っています。

 

先週の挑戦

先週は「まずは相手のいうことをすべて受け入れること」に挑戦してみました。これがなかなかできないで苦労しました。相手が話している途中、いつの間にか自分の意見を言い出してしまい、ついには相手を説得しようとしてしまいます。

 

開始してから4日間くらいは、うまく対応できず、どうしたらいいかと思い悩んでいました。自分には難しいのかな?などと考えていたときに「怒り」を消す技術という本に出会いました。

  

精神科医が教える「怒り」を消す技術 (怒りのコントロールが人生を幸福にする)

精神科医が教える「怒り」を消す技術 (怒りのコントロールが人生を幸福にする)

 

 

この本には「イラッときたときの対処法」が11個紹介されていました。例えば、ガムを噛むとか、いい匂いのするハンカチで口を覆うとか、とても簡単な対処法です。これらの対処法をヒントに自分は、イラッとしそうになった時「口から息を細く吐くようにして落ち着く」という方法を考えました。

 

そして昨日、今日と取り組んでみました。まだ2日しか経過していませんが、少しだけ相手の話をさえぎることなく、聞けるようになってきた感じがしています。しかし、一旦しゃべり出すと止まらなくなるので、まだまだ修行が必要です。このことを心がけていくことで変わっていけそうな気配を感じています。

 

先週の結果

息を吐きながら、相手の様子を観察していると、何となく、気持ちよさそうに話している感じを受けました。また、聞くことに徹していると自分も結構楽なことを発見しました。

 

相手の話を全て引き出してから、話を整理しつつ、相手の考えをいっしょにまとめていくと、相手の納得度が上がるように思います。「そうですよね、やっぱり○○したほうがいいですよね」といった言葉がいつの間にか出てきたりします。「北風と太陽」の太陽になった感じで、ちょっとうれしかったです。

 

自分を変える手前で、少し変わるためのコツをつかみかけた感じがしています。次の挑戦として今週は「感情的にならずに話ができること」に挑戦してみます。先週同様、イラッとしそうになったら息を吐きつつ、「落ち着け、落ち着け」と心の中で唱えながら、常に冷静な状態で対応してみます。

 

ヒトの話が聞けるようになれば、自分の周りに、ヒトが集まり、いい情報が集まってきて、いいアイデアも生まれてくるようになると思います。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。また遊びにきてください。よろしくお願いいたします。